お勧めの格安スマホ(格安sim)会社2018

シェアする

これから格安スマホを導入しようかなと考えてる人の背中を押す記事です。
この会社なら間違いなく安いしちゃんと使えるものを比較して厳選して紹介します。
正しくはMVNO(エムブイエヌオー)というものです。

スポンサーリンク

DoCoMo、au、SOFTBANKと格安スマホの違い

まず安いです。
圧倒的に安いです半額以下と言えます。
DoCoMo、au、SOFTBANKの事をキャリアと言いますが、どこのキャリアと比べても格安スマホは安いです。
というかキャリアの月額料金が高すぎるんですけどね。
DoCoMo、au、SOFTBANKはキャリアメールという各社のメールが使えますが、格安スマホ会社では使えません。
格安スマホ会社によっては、各社が専用のメールアドレスを提供してくれますが、パソコンメール扱いなのでキャリアメールとは違います。
書くと長くなりますが、要はGmailかヤフーメール、Outlookをメインに使う事になります。
通話は遜色なくできます。ここは心配無用です。
通信はキャリアほど安定して高速というわけにはいきません。
特に通勤通学の時間は日本人の指の運動時間(スマラータイム)ですので遅くなりがちです。
これはキャリアが一人につき1回線を提供しているのに対して、格安スマホ会社は1回戦を数人で使うからです。
例えるなら車が3台通れる道をキャリアは1台だけで走るのですが、格安スマホ会社は10台で走ります。
10台全車が走るとそれはもう渋滞するわけです。
とはいえ繋がらないというわけではなく、ゲームなど通信速度命じゃなければ平気です。
高校生ならいざしらず大人は格安スマホ会社で十分でしょう。
その違いが料金にかかってるわけです。

お勧め格安スマホ

2つしか上げません。
どこも似たり寄ったりな料金ですが、紹介する2社はその中でも安い部類です。
格安スマホ会社は数多く有り、使わない月は0円などと破格の料金を提示したりする会社もあったりしましたが、サービス中止しました。
そんな会社もままありますので、気を付けましょう。
今回、比較して厳選した会社は「マイネオ」と「楽天モバイル」です。
どちらもやる気が見えて好感が持てます。
ちなみに当サイト管理人は「マイネオ」も「楽天モバイル」も使ってます。
使ってみて後悔もなくご機嫌に使えてます!

マイネオとは

マイネオは一番お勧めできます。
マイネオ王国というユーザーサイトもあり、ユーザーの声をちゃんと聞いて努力、向上に頑張ってるのが見えます。
ユーザー数も順調に増え、それと共にサーバーを強化してます。
料金も安い上に家族割や複数割などもあり相当お得です。
データ量モユーザー同士が助け合うフリータンクがあるので契約量より実質1Gb多く使えます。
マイネオの詳しい記事は下記にどうぞ

マイネオモバイルを使ってみたメリットデメリットを書いていきます。 結論を先に書くとお勧めなんですけどね。通常なら事務手数料3000円のところ、それを無料どころか逆にお金が貰えるシステムも文字通り紹介しています。

楽天モバイルとは

泣く子も黙る(気がする)日本屈指のショッピングモール楽天一番の5番打者です。
ここも詳細は下記の記事に任せますので、ざっと紹介だけします。

楽天モバイルのメリットとデメリットを書いています。特に楽天会員の人だと月額料をポイント払いできたり買物の倍率が上がったりします。

安い部類な上に楽天ポイントで払えます。
しかも通話SIM契約なら楽天市場でショッピングで毎回2%のポイント還元が特典として付いてきます。
それはつまり楽天市場で毎月1万円以上の買物してるなら200円以上お得になってるというわけです。
3Gb通話simなら1600円じゃなく実質1400円となります!
楽天市場で頻繁に買い物するならマイネオをよりお勧めな4番打者に昇進します!

一番お勧めな格安スマホ運用

マイネオと楽天モバイルの両方を利用します。
この二社を比較しながら、一生使うかどうかも測れる方法です。

スマホもセットで購入したい場合は楽天スタート

スマホが無いあるいは新スマホで契約したいなら楽天モバイル一択です。
2017年以降はバカみたいに安くないですが、常時何かのキャンペーンで対象スマホが安いです。
ほとんど通話simでの契約が条件となっています。
なので一年間は楽天モバイルを堪能しましょう。
1年経ったら縛りが消えてますのでマイネオに乗り換えましょう。
乗換え時に事務手数料などがかかりますが、紹介キャンペーンがありますので逆にプラスになれます。

スマホがあるならマイネオスタート

スマホがある、もしくは楽天モバイルでGETして1年経ったのでマイネオに乗り換える場合、まずはアマゾンでエントリーパックを購入します。


mineo エントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード データ通信/音声通話 (ナノ/マイクロ/標準SIM/VoLTE)

値段は多少上下しますが、400円前後です。
これがあると事務手数料が0円になります。
次にマイネオユーザーに紹介URLを送ってもらいましょう。
家族で使うなら、これを見越して別eoIDで契約しましょう。
同eoIDだと紹介できないしパケットギフトもできないので夫婦で2つeoidを作るのを推奨します。
紹介URLからマイネオの契約をするとアマゾン券を1000円分、倍増キャンペーン中なら2000円分貰えます。
紹介してくれる人がいないなら私の紹介URLを貼っておきますので下記リンクからどうぞ。

ここからマイネオに飛ぶと紹介キャンペーンが適用されます

これでエントリーパッッケージ代が捻出できました!
MNPするなら更に3000円前後かかるので少しマイナスになってしまいます。
マイネオはいつ解約しても違約金はかかりませんが、1年未満で解約するとmnp料金が1万円近くします。

このマイネオでスマホがもうダメだこのスマホは死期が近いと判断したら楽天モバイルに乗り換えましょう。

楽天モバイル エントリーパッケージ SIMカード(事務手数料無料)(ナノ/マイクロ/標準SIM対応)[iPhone/Android共通]

マイネオと同じく、事務手数料が無料になるエントリーパッケージが400円前後で販売されてます!
スーパーセール時は端末代に事務手数料も含まれてので不要ですけど。

楽天モバイルに乗換える時にキャンペーンを利用してスマホのセット契約で安くスマホをGETしましょう。
このループがスマホを安く買換えながらも月額利用料も安い手段です。
どちから一方が頗る気に入ったなら、ずっとそこにいてもいいですし。

家族が多いなら他の格安simも考えましょう

シェアsimというのを展開している会社もあります。
これはアナタの契約に子simを付けて一月に使えるデータ量を共有しようというものです。
子simは通常の契約より安く追加できます。
ドコモなら毎月280円です。これはまあ親simが高くなるので微妙ではありますが。
詳しくは下記の記事をどうぞ。

ドコモがもの凄く安くなる設定の肝であるシェアパックを分かりやすくまとめています。この制度を家族で使うと格安スマホと同じぐらいに安くできます!

データを共有するので高校生など使いたい盛りとシェアするのは得策とはいえません。
塾の通勤時だけ持たせる子供やお年寄りなどがいる家庭環境で使えます。
一つ屋根の下で暮らしていなくとも、会社によっては三親等ならシェアできたりします。
シェアSIMを扱っていてのお勧めはイオンモバイル、ドコモ、ビッグローブモバイルです。

BIGLOBEモバイルを他社と比較しての良い点、悪い点、を書いています。シェアsimやエンタメsimの説明をわかりやすく書いています。BIGLOBEモバイルは使い方がぴったり合う人にはかなり得なMVNOとなりえます!

そこの料金とシュミレーションしてマイネオ楽天ループとどりらが得か比較すれば答えが見えてきます。
楽天市場でけっこう散財する人は何があろうと、どういう家族構成だろうと楽天モバイル一択です!

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る