ahamoだとdocomo契約にあったサービスや割引はどうなるのか

docomo(ドコモ)の新サブブランドであるahamoが注目を浴びています。
docomo(ドコモ)だし間違いないと思うけれど、docomoの契約とどう違いがあるのか分からない。
もしかしたら、大きなデメリットがあるのかもと心配されている方に、既存のdocomo契約と違いを説明していきます。

スポンサーリンク

ahamoの基本契約

ドコモのプランがいくつかあるのに対して、ahamoは選択の余地はありません。

20GB
5分間以内の通話ならかけ放題
月額2700円(税抜)

上記のプランのみです。
まずここが従来のdocomoと違います。

契約形態

既存のdocomoプランは多くの人がドコモショップ手続きしたのに対して、ahamoはオンラインのみです。
スマホからの契約可能ですが、できらば大きい画面のパソコンからじっくりと契約したいところです。
スマホの小さい画面だとミスして指を滑らせるかもしれませんからね。
現実でもうっかり口を滑らせても相手が聞いてないフリしてくれたりしますが、スマホはそう気を遣ってくれず、ミスは許されません。
リアルショップで口車に乗せられて無駄に高いプランやオプションを購入させられる恐れがなく、特に騙されやすい高齢者にはいいのですが、オンライン契約は高齢者にはハードルが高いというジレンマを抱えてる契約形態です。
ここは、大人になった子供が親孝行するチャンス到来ですよ!

相談窓口

従来のプランならば、ドコモショップおるいは、専用ダイヤルでの電話対応です。
ahamoはそういったものがなく、専用のチャットでの相談となります。
端末の不具合なども、簡単なものならここで解決するでしょうが、解決しない場合は次の項目にとなります。
チャットでの相談ですので、何らかの手段で文字入力の必要があります。
メールもしない電話機能のみの人だとハードルが高いものとなります。

故障した時の対応

従来のドコモプランならば、ドコモショップに行き、店員さんに相談していました。
そこで簡単に直るものもあれば、メーカーに送るなるケースもあります。
その場合でも、代替の端末を貸してくれたりします。
ahamoでは、故障時もドコモショップではなく、専用のサイトでの手続きとなります。
必ず端末を郵送する形となりますし、代替の端末は自分で用意するか、スマホ無し生活を余儀なくされるかです。
そうなる前に上記の相談チャットで直る場合もあるでしょう。

どのメールが使えるのか

従来のdocomoユーザーならば、〇〇@docomo.ne.jpというメールアドレスが貰えましたが、ahamoユーザーにはそれがありません。
それならばahamoユーザーはメールが使えないのかというと、そうではありません。
あなたが契約している家のネット回線で貰えるメールアドレスもあれば、グーグルが提供するGmailやヤフーが提供するヤフーメールなども使えます。
それについては別記事で詳しく書いています。

ahamo・LINEMO・povoではどのメールが使えるのか
ahamo(アハモ)やLINEMO(ラインモ)・povo(ポヴァ)だと、今まで使っていたキャリアメールが利用出来ません。 いわゆる、〇〇〇@docomo.ne.jpやau.jp、@i.softbank.jpというメールアドレスが使えないのです。 では、どうすればいいのか? その疑問を解決していきます。 どんなメールが使えるのか、説明していきます。

ファミリー割引は適用されるのか

従来のdocomo契約をしている家族ならば、割引などの特典がありましたが、ahamoではないです。
ですが家族として登録する事は出来ます。
なぜなら家族間無料通話に干渉してくるからです。
家族間通話に関しては、従来のdocomoプランで契約しているdocomoユーザー側から、家族登録しているahamoユーザーに電話をした場合は、ファミリー割引が適用されて無料通話となります。
逆にahamoユーザーから従来のdocomoプランユーザーに電話をかけた場合は家族間無料通話は適用されません。

家族間での通話まとめ
docomoユーザーからahamoユーザー:家族間無料通話
ahamoユーザーからdocomoユーザー:5分間だけ無料通話

ドコモ光セット割は対象外

従来のdocomoプランなら、家のネットが「ドコモ光」の場合、割引サービスがあります。
ですが、ahamoはそういった割引サービスは適用されません。
ahamoの基本料金である2700円(税抜)からの割引は今後もないでしょう。
例外的に、ドコモ光セット割のペア回線としては登録可能です。
なので、ドコモ光と契約している人がdocomoユーザーからahamoユーザーになったからといって、家族登録している人達の割引が無くなるという事は回避できるようになっています。

ドコモ光セット割のペア回線とは?

ドコモ光を契約している人が登録している回線の事です。
ドコモ光契約者はたいていの場合は世帯主でしょう。
ゆえに世帯主の回線がペア回線となっているケースが多いです。
このペア回線を軸として、その家族登録しているユーザーがファミリー割の一部としてのドコモ光割として月々のスマホの回線代が安くなるサービスが適用されます。

みんなドコモ割はカウントのみ

従来のdocomoユーザーでは適用された「みんなドコモ割」はahamoユーザーには適用されません。
ですが、みんなドコモ割の特徴である、家族に契約回線が多いほど割引額が上がるという条件には貢献だけはできます。
ahamoユーザーにドコモ割は適用されませんが、家族としての契約回線数にはカウントされますので、家族に従来のdocomoユーザーがいるのならば、その人の「みんなドコモ割」のサービス額に貢献だけはします。

dカードの優待

従来のdocomoユーザーがdカードもしくはdカードGoldでの支払い設定ならば、多大な恩恵がありました。
特にdカードGoldは回線代金などが10%割引という使わないと損レベルの輝きです。
これはいわゆる、「D」の名の付くものたちによる経済界で海賊王を狙うドコモの根幹を成すサービスです。
これに関してはまだ発表されていませんので、発表され次第追記更新していきます。
恐らく、3月スタートの手前ぐらいには発表されるでしょう。
支払い手段としては当然可能でしょうし、何かしらメリットを残すものと予想されます。

追記
dカードによる恩恵が発表されました!
通常のdカードならば、1GBのボーナスパケットが付与されます。
dカードGOLDならば、5GBのボーナスパケットに加えて、利用料の10%がポイント還元(上限300円)されます!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
docomo 携帯・格安sim(格安スマホ)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お得に賢く生きる生活の知恵集
タイトルとURLをコピーしました