ドコモの新料金プランを詳しく優しく説明します(2019年6月開始)

シェアする

2019年6月からdocomoが新料金プランを開始します。
人によっては4割も安くなるという謳い文句が本当なのか、逆に損してしまうのか、ケースBランク別に説明していきます。

スポンサーリンク

新料金は二つのタイプから選べます

とにかくデーターをたくさん使いたい人用に「ギガホ」プラン。
データ量は少なめで、なるべく安くしたい人に「ギガライト」プラン。
ゲームや動画をガンガン使うなら「ギガホ」プランでしょう。
調べものやメール、LINEなどしか使わないなら、「ギガライト」プランです。
自身の月々のデータ利用料を調べて、7GB以上使っているなら「ギガホ」の方が安くなります。
しかし今回安くなったと実感できるのは「ギガライト」プランです。
では、この二つのプランから説明していきます。
この二つのプランを軸に、小学生にスマホを持たすなら「キッズケータイプラン」、中学生もしくは高校生に持たすなら「データプラス」というものが使えますので、それらも説明していきます。

「ギガホ」「ギガライト」のどちらのプランでも家族間通話は無料ですが、それ以外の国内通話料は、30秒ごとに20円の通話料がかかります。

ギガホプランのメリット・デメリット

月々30GBまでは高速通信が使えて、それを超えても最大1Mbpsの速度でデータ通信ができるというなかなか魅力的なプランとなっています。
基本的な料金は二年縛りで6,980円となり、二年縛りが嫌なら8,480円となります。
ここから、ファミリー割引を適用すると、家族や複数台契約が、2台契約で500円引き、3台以上の契約で1000円引きとなります。
これは各スマホ料金に適用されるので、モデルケースとしてに家族で3台を二年縛りで契約すると、それぞれ5980円(税抜)となります。
3台の合計は月々17940円(税抜)となります。
家のネット回線が「ドコモ光」だった場合は、そこから1000円割引が適用され、それぞれ4980円(税抜)となります。
3台の合計は月々14940円(税抜)となります。


ここが肝です。
家のネット回線は、たいていのプロバイダは一戸建てなら約5000円、マンションなら4000円ぐらいです。
つまり、ドコモのスマホを5台契約すれば、家の回線は、ほぼ無料となり、それ以上の契約だとプラスに転ずる計算です。
離れて暮らす家族も適応されますので、うまく使えばかなり安くなります。
ファミリー割引とドコモ光割引については後述します。
とはいえ、データ量をそれほど消費しない人にとっては高いプランです。
この料金が唯一のデメリットといえます。
それほどデータ量を使わない人なら、「ギガライト」プランがお勧めです。

ギガライトプランのメリット・デメリット

こちらはauのピタッとプランと同様に、使ったデーター量に応じて料金が変動します。

画像はdocomo公式サイトから引用

二年縛り適用での基本的な料金
1GBまでは2980円
3GBまでは3980円
5GBまでは4980円
7GBまでは5980円
二年縛りを適用しない場合、それぞれ1500円UPします

「ギガホ」プランでも二年縛り基本料金は7GBと同じく5980円ですので、7GB以上使うなら「ギガホ」プランがお得になります。

上記の料金のままだと高いので、ここから割引サービスを検証していきます。
まずファミリー割引を適用させましょう。
「ギガホ」プランと同様に、家族や複数台契約が、2台契約で500円引き、3台以上の契約で1000円引きとなります。
これで、ドコモの謳う1980円になるわけですが、1GBというのは相当使わない人です。
webで知らべたり、LINEやメール、たまにネットショッピングなどする人は3GB前後となるでしょう。
ゲームが人生の主軸としているSNS世代の学生ならともかく、ほとんどの大人ならば3GBあれば足りるでしょう。
その家庭持ちの仮定でいくと、2980円がスタンダードな料金となります。
そこに「ギガホ」プラン同様に「ドコモ光割引」を適用してみましょうか。
「ギガホ」プランと違い、「ギガライト」での「ドコモ光割引」は少しだけ複雑です。
同じように適用されないので、注意しましょう。

「ドコモ光割引」詳しくは後述しますが、データ量が「~1GB」までの場合は割引はありません。
データ量が「~3GB」の場合は500円割引です。
データ量が「~5GB」以上の場合は「ギガホ」と同じく1000円割引になります。

これを踏まえて、3契約以上ドコモ光割を適用してデータ使用3GBまでのスタンダードケースで2480円となります
この値段が不自由なく使いつつ、ドコモ新料金プランの最安値といえるでしょう。
大人が使うなら2480円でも納得として、子供に使わせるには高い気がする人には「データプラス」プランと「キッズケータイ」プランがあります。
これらも説明していきますね。



docomo新料金のデータプラスとは

これはプランではなくオプションです。
なので単独での契約はできません。
「ギガホ」もしくは「ギガライト」の契約に対してオプションとしてつけれます。
いわゆるデータシェアです。
あなたの契約しているスマホの月々のデータ量を他の端末で分け合って使えるというものです。
使い方として、複数のスマホやタブレットを一つの契約だけで使いたい場合。
なので、親の契約しているスマホのオプションとして子供に別のスマホを使わせる事が可能です。
ただし、これはオプションですので、通話はできません。
あくまでデータ通信ができるだけです。
もっとも、中高生の子供に持たせるなら、かえっていいでしょう。
迂闊に通話できるスマホを与えたら、通話料金がいくらかかるか分かったものじゃありません。
データプランなら、090の通話ができませんが、本契約とは別アカウントでLINEなどの通話アプリが使えますし、や電話番号がほしいなら050のIP電話での通話はデータ通信のみでも可能です。

データプラス概要
「ギガホ」または「ギガライト」の契約とデータ量を共有して使います。
なので、どちらか一方が使いまくると、データ使用量は当然跳ね上がります。
利用料金は本契約が二年縛りの場合は1000円のオプション料金で利用可能です。
オプションを申し込めば、本契約の通話SIMとは別にデータSIMが提供されますので、LINEなどでは別アカウントが作成可能です。
また、二年縛りじゃないなら、2500円となります

つまり、子供にスマホを持たせるのに、1000円で運用できるという、かなりお得なものとなっています。

子供に持たせるなら、同じく1000円で運用できるTONEもお勧めです。
こちらはアプリや利用時間制限、位置情報など子供をスマホ依存症にさせない工夫がたくさんあります。

TONEについて詳しく説明しています。初めて子供にスマホを与えるならTONE(トーンモバイル)がお勧めです。現在地確認や登録地点通過時の通知、アプリ利用制限など、子供がスマホ中毒にならないようにしつつ、安心を得られるのがTONE(トーンモバイル)です。裏技として浮気対策にも使えます。

docomo新料金のキッズケータイプランとは

「ファミリー割引」グループに副子回線として加入することが必要であり且つ、以下のキッズケータイも必要なプランです。

キッズケータイ F-03J
キッズケータイ HW-01D
キッズケータイ HW-01G
キッズケータイ HW-02C

キッズケータイ自体はAmazonで購入しても2000円ぐらいですので、ショップによっては一括無料にしてくれたりします。
キッズケータイですので、通話とメールぐらいしか使えませんし12才以下の子供、つまり小学生までしか契約できません。
契約後に年齢が12歳を超えた場合ならば、継続しての利用は可能です。
月々の料金は500円となっています。安いです。

ドコモの新料金でのファミリー割引

離れて暮らしている家族や親せきでも適用できます!
ドコモが定める三親等まで巻き込めますので、なんとかして最低3人は巻き込みましょう。

画像はdocomo公式サイトから引用

ファミリー割引を利用すると、ファミリーとして申請した人同士なら国内発信通話料が24時間無料です。

「ギガホ」「ギガライト」ともに、2台契約で500円引き、3台以上の契約で1000円引きになります。
1台を「ギガホ」で2台が「ギガライト」など、組み合わせは問いません。
全て合算した契約台数が3台以上なら、全ての契約から1000円引きが適用されます。
家族じゃなくても、ひとりで複数回線でも適用されます。
最大契約は20回線となっています。

新料金でのドコモ光割引とは

家のネット回線が「ドコモ光」だと適用されるスペシャル特典です。
「ギガホ」「ギガライト」での契約の場合はファミリー割引との合わせ技がお勧めです。
これをしないと、ドコモ新料金を契約する必要性が薄くなってしまいます。

「ギガホ」プランで適用すると、ファミリーの全ての「ギガホ」での契約が1000円割引です。
つまり、ファミリー内に「ギガホ」プランの人が10人いたら、10人全員が1000円割引となり、合計1万円もお得です!
「ギガライト」の場合は、ステップ1と呼ばれる1GB以下の場合は適用されません。
ステップ2と呼ばれる3GB以下の場合は、それに該当するファミリー全員が500円割引です。
ステップ3と呼ばれる5GB以上からは、該当するファミリー全員が1000円割引です。
「ギガライト」の場合はファミリー内であっても、月々のデータ利用料によって割引額が変わってきます

ファミリーにできる最大回線が20なので、これを最大限に適用すると「ドコモ光割引」だけでMAX2万円も安く出来ます。

ドコモの新料金は得なのか損なのか

自分の立ち位置で変わってきます。
7GB以上使うのに、「ギガライト」契約にしたり、逆に、たいして使わないのに「ギガホ」契約したりすると、もの凄く損なプランとなります。
得するには、ファミリー3人の助けが最低限必要です。
その最低限をクリアすれば月々のデータが3GBの基本料金が2980円となります。
そこに「ドコモ光割引」を適用すると、2580円と、格安スマホに負けない料金です。
これは凄い。
しかも格安スマホは家族間通話も有料ですが、ドコモなら家族間通話は無料です!
ドコモを使うなら家のネット回線をドコモ光にしたいところです。
新料金が適用が始まると、工事が混んできますので、早めに変えておくのをお勧めします。



上のバナーから申込むと、通常申込よりお得な特典がついてます。
工事により、2,3日でもwifiが使えなくなるのは困るという人には、一日からレtッタル可能なwifiサービスをいう手段もあります。

引越しや入院、海外旅行などで、数日だけwifi環境が欲しい人にうってつけのサービスです。 ポケットwifiを正式に契約する前に試してみたい人にもうってつけです。

また、ドコモユーザーならdカードGOLDを持つと、スマホ代金などでdポイントがばんばん貯まり、スマホ代金もポイント払いできるというドコモユーザー御用達のクレジットカードとなっています。
逆にドコモユーザー以外では、あまり持つ価値はありません。

ここまではいい事ばかりですが、従来と違ってデメリットもあるので、そちらもちゃんと書いていきます

新料金のデメリット1

通話料金がかかる。
通話30秒あたり20円かかります。
何を当たり前なと思われるかもしれませんが、従来のドコモのプランによってはかけ放題で定額だった人も多いはずです。
なので、月々2580円なら安い! と新料金にしたとしても、通話をばんばんしていると、当然月々の値段も上がります。
ファミリー割引契約している家族間との国内通話だけは無料で通話できますが、そうでない通話は料金がかかります。
ドコモに飼いならされてる人は、特に注意しましょう。
ドコモに契約していても使える楽天でんわ/楽天モバイルというアプリを使えば、通話30秒あたり10円と半額に出来ます。
通話料金に応じて楽天ポイントも貯まるという、楽天ユーザーには嬉しいサービスです。

新料金のデメリット2

スマホの代金は別です。
今までのキャリアなら、契約時に実質無料だったり、月々割り引いてくれたりと、スマートフォン本体の代金はあまり払わなくても良かったでしょうが、新料金ではそうはいきません。
今のスマートフォンがまだ使えるなら、そのまま使えば問題ないです。
ですが、新しいスマートフォンやiPhoneが欲しいなら、今後はAmazonなどで自力調達するか、ドコモで買うなどしなくてはいけません。
ドコモでの販売価格は5月に発表されるそうなので、情報が出次第、ここに記しておきますが、恐らく高い。
二年ローンなどで、月々の料金に上乗せしてくるでしょう。
48000円のスマホを二年ローンで月々2000円払いが上乗せされます。
そうなると月々2580円だったのが、4580円です。
あら高い!
Amazonなどで購入する方が安いと思われます。
安いスマホなら1万円以下で買えます。
数あるネットショップでスマートフォンやiPhoneならAmazonが一番豊富な品揃えです。

Amazonなどで安く購入しようとして中古を買うのはお勧めしません。
スマホは中古だと、どうしても寿命が短いし不具合時に困ります。
中古でも高額ですしね、新品買って長く使う方がいいです。
そういう時代になりました。
幸い、我々日本人は物を大事に長持ちさせるのは得意です!
5年はいけます!

ドコモユーザーならdカードGOLDが最強です

ドコモの携帯を使ってるなら「dカードGOLD」を使わないと損です。
「dカード」の上位版が「dカードGOLD」なのですが、ドコモユーザーなら凄いお得なカードです。
ドコモ利用料金の支払いで「dポイント」10%還元があります!
つまりドコモ利用料が常に実質1割引きになります!
これは凄い!
ドコモの利用料金とは、スマホ代だけじゃなく、「ドコモ光」も対象です。
ドコモユーザーで家のネットも「ドコモ光」ならば、「dカードGOLD」を強くお勧めします。
ただ、GOLDカードなので年会費が10,000円(税抜)かかってきます。
なので、月にケータイ代とネット代の合計が1万円を超えてるなら年会費を払ってもプラスになります。
5280

他にもローソンやマツモトキヨシなどの実店舗でのポイント還元率が高くなったり、ドコモのスマホが故障したり紛失した時に最大10万円のキャッシュバックがある保証など、色々と手厚くなってます。
どうせGOLDカードを持つなら「dカードGOLD」を推奨します。
ドコモユーザーならこのカード一択です。

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る