BIGLOBEモバイルのメリット・デメリット

シェアする

古参プロバイダーのBIGLOBEが運営する格安sim(格安スマホ)です。
最近になって本腰を入れてきたようでコマーシャルなどで認知度を上げてきています。
ビックリビックローブというスローガンを掲げて凄いお得な響きをさせていますが、さてどうでしょうか。
群雄割拠している他の格安スマホ会社と比較して特長など分かりやすく紐解いていきます!

スポンサーリンク

BIGLOBEモバイルの特徴

それぞれの詳細は下記に個別に書いていきますが、ざっとした特長だけ羅列します。
月額の料金は格安sim界において標準的良心的であり悪くはないですが、特筆して良くもないです。
ですがシェアsimを展開しており、これを上手く使えば家庭環境によってはかなりお得になります。
BIGLOBE光とのセット割引きなどを加えると更にお得です。
大手ですので、キャンペーンも常時展開されており、入り口は得した感満載になれます。
エンタメフリーというユーチューブなどがデータカウントフリーで楽しめるオプションがあるので、人によっては神プランとなりえます。
また、マイネオのようにドコモ回線、au回線の選択が可能です。

BIGLOBEモバイルの料金(セレクトプラン)

月額料金

通話SIM、SMSデータSIM、データSIMの定番三種類があります。
1GBのスタートプランは通話SIMのみの取り扱いです。
データSIMだけはドコモ回線しか扱ってません。
通話SIM、SMSデータSIMはドコモ回線もau回線も選択できます。
通話SIM

スタートプラン 1GB/月 1,400円
3ギガプラン 3GB/月 1,600円
6ギガプラン 6GB/月 2,150円
12ギガプラン 12GB/月 3,400円
20ギガプラン 20GB/月 5,200円
30ギガプラン 30GB/月 7,450円

SMS付きデータSIM

3ギガプラン 3GB/月 1,020円
6ギガプラン 6GB/月 1,570円
12ギガプラン 12GB/月 2,820円
20ギガプラン 20GB/月 4,620円
30ギガプラン 30GB/月 6,870円

データSIM
(ドコモ回線のみの取り扱いです)

3ギガプラン   3GB/月 900円
6ギガプラン 6GB/月 1,450円
12ギガプラン 12GB/月 2,700円
20ギガプラン 20GB/月 4,500円
30ギガプラン 30GB/月 6,750円

見ての通り普通です。
キャンペーンで月額700円とか謳っていたとしても初年だけの実質700円です。
払うのは上の料金です。キャッシュバックと組み合わせて700円な計算です。
これを河童界では月額700円と称しますが人間界では月額1600円でキャッシュバックが10800円と称します。
10000円じゃなく10800円という中途半端な額は年間700円の為にあるんですね河童さん!
なのでこれだけでビッグローブモバイルを選ぶメリットは何もありません。
二年目からは普通に上の料金ですし。
つまりビッグローブモバイルは他の特徴が売りです。

初期費用

月額料金は初月無料! これは嬉しい!
申込手数料3,000円(税別)
SIMカード準備料394円(税別)
なので、普通に契約すれば初月の費用は3394円(税別)となります。
ここでアマゾンのエントリーパックを使って申込手数料3,000円(税別)を0にしましょう。

BIGLOBEモバイル エントリーパッケージ 特典で月額400円~&キャッシュバック[音声通話3ギガ以上] SIMカード申し込み用(ドコモ回線) データ通信/音声通話

これを購入して申込み時にエントリーコードを入力すれば申込手数料が無料になります。
これだと初月の費用はSIMカード準備料394円(税別)とエントリーパック500円の合計894円(税別)です!
ここに通話料・SMS送信料が乗ってきますが、これは使わないものとして計算しています。
とってもお得なエントリーパックですが、一部で使えない条件がありますので気をつけて下さい。
次の場合、エントリーパッケージからのお申し込みはできません!

・タイプA(au回線)のお申し込み
・スマホまる得プランのお申し込み
・ご契約中の「BIGLOBEモバイル」の家族会員のSIM追加申し込み
・ご契約中の「BIGLOBEモバイル」のシェアSIM追加申し込み
・シェアSIM新規同時申し込み
・「BIGLOBEモバイル」端末セットのお申し込み

以上に気をつけて購入して初月費用を節約しましょう!

通話料

通話料

標準通話 20円(税別)/30秒
専用の通話アプリ「BIGLOBEでんわ」から使うとお得になります。
10円(不課税)/30秒と半額になります。
BIGLOBEモバイルで通話するなら必須アプリです。

BIGLOBEでんわ選べる通話オプション
よく通話する人向けのオプションがあり2つの選択肢があります。
いずれも月額650円で利用できます。
通話パック60

BIGLOBEでんわで1,200円分の国内通話(最大60分)が利用可能。

3分かけ放題

BIGLOBEでんわで3分以内の国内通話が何度でも可能

他社なら3分じゃなく5分や10分なのでやや弱いですが、その分、月額利用料が他社よりやや安いです。

スマホまる得プランとは

基本プラン(セレクトプラン)とは別にスマホまる得プランというのも選択できます。
要はスマホとのセット販売に加えて上の通話オプションを含むプランです。
 

対象の端末+通話SIM+(通話パック60 or 3分かけ放題)

これがスマホまる得プランの中身です。
なので対象の端末により月額料金値段は変わってきます。

月3GB使えるS+プランを見てみましょう。

スマホまる得プラン(S+プランの場合)
1年目:基本料金2250円+端末代金
2年目:基本料金2980円+端末代金
2年目:基本料金2980円

となります。
何がまる得なのか分からないのでセレクトプラン通話SIM3GBも見てみましょう。

通常プラン(セレクトプラン)3GB通話SIMの場合
基本料金1600円+通話オプション650円=2250円

なにが得なのかさっぱり分からない・・・。
二年目から値段上がるだけで損しかしない気がする。。
BIGLOBEモバイルに問い合わせたらセレクトプランとは別プランですなどとよく分からない供述を繰り返した後で「キャッシュバックと特定の端末が安く買える」のがまる得だと回答貰えました。
つまり全然得じゃない損しかないプランですキャッシュバックは魅力ですが2年ごとに自動更新の契約があり、二年目の更新月に解約しないと解約手数料が発生する極悪システムです。
このプランは選んではいけません。
対象のスマホ(iPhone含む)が安く買えると思う人だけ選択すればいいですが、2年経ったら解約しましょう。
2018年3月時点では上のような損しかないプランですが、流石に改善されるか消えるプランだと思います。

BIGLOBEモバイルのシェアSIMとは

BIGLOBEモバイルを選ぶ理由の片翼です!
これが上手く利用できるかどうかでBIGLOBEモバイルを選択するかどうか変わってきます。
システムは、セレクトプランかスマホまる得プラン料金で契約したsimにシェアsimを追加してデータ量を分け合う形です。

シェアSimの月額料金

シェアSIMカード(音声)  900円
シェアSIMカード(SMS)  320円
シェアSIMカード(データ) 200円
上記が毎月加算されます。
シェアsimの月額費用はこれだけです。

シェアSimのシステム

セレクトプラン通話3GBsimの場合を見てみましょう
親Sim(通話3GB)月額1600円
これにシェアSimを付けていきます。
音声simカード

音声Simなら、900円加算して2500円
二台とも通話ができてsms付データ通信もできます。
データ通信はGbを共有します。

SMS付データSIMカード

sms付データSimならば320円加算して1920円
1台は通話出来ますしsms付データ通信もできます。
もう1台は通話はできませんがLINEや050IP電話など含めてデータ通信が可能です。
データ量は3Gbを共有します。

データSIMカード

データSimなら200円追加して1800円
1台は通話できますしsms付データ通信もできます。
もう1台は通信のみ可能でLINEや050IP電話は使用不可です。

これが基本です。
子供達やお年寄りなど、あまりデータ通信をしないので普通に契約するほどでもない人が周囲にいる場合は特にお勧めです。
5人家族で一人だけ普通に契約して、後の4人はシェアSimなど多数で活用すると更にお得となります。

5人家族の例
父親 通話Sim3GB=1600円 
母親 通話Sim3GB=1600円
長男 SMS付sim3GB=1020円
次男 SMS付sim3GB=1020円
祖母 通話Sim3GB=1600円
この場合、15GBで料金の合計6840円

これをシェアしてみましょう。

5人家族シェアの場合
父親 通話Sim12GB=3400円 
母親 通話シェアSim=900円
長男 SMS付シェアsim=320円
次男 SMS付シェアsim=320円
祖母 通話シェアSim=900円
この場合、12GBで料金の合計5840円

3Gb減りましたが1000円安くなりました。
子供や祖母がほぼ使わないなら12GBじゃなく6GBにすると4590円となり、2250円安くなります。
ここらは家庭環境やシェアするメンバーに左右されますので、得になる場合もたいして変わらない場合もあるでしょう。
自身の周囲が通話simじゃなくていい人ばかりなら間違いなく得です!
上の例では祖母をSMS付シェアSIMにして050IP電話にすると、更にお得になれます。

シェアSim初期費用

一枚追加すると
SIMカード追加手数料3000円
SIMカード準備料394円かかってきます。
複数枚の利用だとけっこうかかります。
アマゾンのエントリーパックも使えませんので、入口は険しいです。
キャッシュバックするなら家族で使ってもらえるここに投入すべきなのにBIGLOBEモバイル分かってない。
まま、よくある一年目だけ安い詐欺プランの逆だと思って投資しましょうか。
このプランは賢い使い方するとそうとうお得になれますし。

シェアパックに関してはドコモも同じように展開しています。
親回線は高いですがシェアsimは280円というシステムですので、シェアsimの枚数が多いならドコモという選択肢もあります。

ドコモがもの凄く安くなる設定の肝であるシェアパックを分かりやすくまとめています。この制度を家族で使うと格安スマホと同じぐらいに安くできます!

エンタメSIMとは

これがBIGLOBEモバイルを選ぶ理由の一枚の片翼です!
よくあるカウントフリーと違い対象コンテンツが凄いです!

対象コンテンツ
YouTube / AbemaTV / U-NEXT / YouTube Kids
Google Play Music / Apple Music / Spotify / AWA / radiko.jp / Amazon Music

これらが見放題、聞き放題です!
どれだけ通信しようと消費データとしてカウントされません!
対象コンテンツで付に100GBのデータを消費しても、0消費です3GB契約だと3GB残ってます。
しかもまだまだ更に対象コンテンツが増加する予定ですコレは凄い!

エンタメSIMの月額料金

契約してるプランによって変わります。
尚、3GB契約以上でのみ利用可能です。

音声通話SIM利用 480円(税別)/月
データSIM利用 980円(税別)/月

この値段が意味するところは、音声SIMなら3GB以上、データSIMなら6GB以上をエンタメフリーで使うと得になるという事です。
ヘビーユーザーの方以外は帰って下さい仕様です。
自身の使用量を鑑みて利用しましょう。




詳細は上のバナーの公式サイトにどうぞ!

ビッグローブ光とのセット割引き




家のネット回線がビッグローブ光だと割引きが適用されます!
ビッグローブ光「ひかり」コース(3年プラン)(2年プラン)の場合、ビッグローブ光の料金が毎月300円割引きされます。
モバイル回線に対してなら複数台あれば大きいのですが、家に一つしかないネット回線に対してのみです。
それでも家のネットがビッグローブ光だったり、どうせなら他社に乗り換えようと検討しているなら、悪くないセット割引きです。
乗換えならきっちりキャッシュバックもありますしね。
BIGLOBE光パックNeo with フレッツ
BIGLOBE光 with フレッツ「ひかり」コース/「Bフレッツ」コース
「ひかり」コース/「Bフレッツ」コース
などの契約の場合は300円じゃなく100円の割引きになります。
自身の契約がどうなのか確認して下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る