ahamo・SoftBank on LINE・povo・楽天モバイルを分かりやすく比較してメリット・デメリットを説明します。

いよいよdocomo、au、Softbank、そして楽天モバイルの格安新プランが出揃いました!
値段は先手をとっていた楽天モバイルに寄せており、そこは良い勝負なのですが、それを取り巻くものなどのメリット・デメリットが違ってきますので、よくよく検討してからどこにつくかを見極めていきましょう。

スポンサーリンク

値段の比較

先にも書いたように、ほぼ横並びです。
ただ、auのpovoだけは500円安い2480円のリリースとなっております。
他の三社は2980円で統一されています。
それならば、500円でも安いauのpovoに集中しそうですが、からくりがちゃんとあります。
ドコモのahamoとソフトバンクのSoftBank on LINEには5分以内の通話なら何度でも無料です。
楽天モバイルに至っては、通話時間に関係なく無料です。
が、auにpovoにはそういったサービスは無く、5分以内の通話なら何度でも無料となるオプションを付けれますが、オプション代として500円かかります。
それほど通話しないという方ならば、auのpovoでもいいでしょうが、反対に通話が長い人には楽天モバイルが魅力的です。
そうでない人にとっては、値段的には横並びでしょう。

専用のメールアドレスがない

これは4社に共通するデメリットなのですが、メールアドレスが用意されていません。
なので、gmailやYahooメールなどのメールを自分で用意する必要があります。
スマホやパソコンに慣れてる人には問題ないでしょうが、キャリアメールしか使ってこなかった人にはややハードルが高いです。
また、相手のメール設定によってはキャリアメール以外では迷惑メールとして処分される恐れもあります。
ここが一番のデメリットですので、よくよく考えて乗り換えましょう。

ahamo・SoftBank on LINE・povoではどのメールが使えるのか
ahamo(アハモ)やSoftBank on LINE・povoだと、今まで使っていたキャリアメールが利用出来ません。 いわゆる、〇〇〇@docomo.ne.jpやau.jp、@i.softbank.jpというメールアドレスが使えないのです。 では、どうすればいいのか? その疑問を解決していきます。 どんなメールが使えるのか、説明していきます。

オンラインでのみ契約できる

メール問題と同様に、これも4社に共通するデメリットとなっています。
2021年1月の現段階において、楽天モバイルだけは数こそ少ないものの、ショップがありますが、基本的にオンライン契約と思った方がいいでしょう。
このサイトにたどり着いてる人ならば、それほど問題ないとは思いますが、契約して困ってもショップで相談したり修理の依頼などはできないと思った方がいいです。

ahamoのメリット

月に使えるデータは20GBであり、それを超えると速度は最大1Mbpsと落ちます。

ドコモのおひざ元ですので、回線状態は一番信頼できます。
特に5Gを考えているのならば、ahamoが一番早く広域に対応してくると思われます。
dポイントによるメリットも見逃せません。
ドコモユーザーならば、dカードを所持していれば、毎月利用料金の1%分のdポイントが貯まります。
d払いにおいても、クレジットカードを登録する必要は無く、携帯代と合算して払えます。
ポイント還元的にみると、あまりメリットはありませんが、信頼と安心のブランドというのが最大のメリットといえるでしょう。

SoftBank on LINEのメリット

月に使えるデータは20GBであり、それを超えると速度は最大1Mbpsと落ちます。

LINEの通信がカウントフリーとなっています。
つまりLINEアプリではデーター通信が消費されません。
ブランドの名前にもなっていますので、これが一番の売りだと思います。
LINEを使い倒す人には嬉しい仕様です。
また、paypayを使う人にとってもメリットはあるでしょう。
paypayモールやYahoo!ショッピングなどでも、ポイント還元の優遇があると思われます。
ソフトバンクやYモバイルユーザーは、自動的に無料でプレミアム会員になれます。
このサービスがおそらく付随してくるでしょう。
そうなると、paypayモールやYahoo!ショッピングポイント還元が2%プラスされてきます。

povoのメリット

月に使えるデータは20GBであり、それを超えると速度は最大1Mbpsと落ちます。

何より最安値です!
ほぼ通話しない人には最大のメリットとなっています。
通話する人には、500円で5分以内の通話なら何度も無料ですし、1500円出せば、通話し放題というオプションもあります。
もっとも、ahamoやSoftBank on LINEでも1000円のオプションで通話し放題がありますので、こうなると横並びではありますが。
auPayの利用が有利になると推測されます。
特に3日・13日・23日の「三太郎の日」では、毎月かなり得なキャンペーンがあります。
特に蜜月関係になるローソンはほぼほぼ毎月6%還元などで絡んできます。
ちなみにauのポイントはポンタポイントとなっています。
また、docomoについで安心信頼回線であり、5Gの普及も早いと予想されます。

楽天モバイルのメリット

楽天エリア内であればデータ無制限となっています。
また通話は話し放題で無料です。
これだけで他社を圧倒してしまいます。
が、楽天エリア内を離れると月5Gとなってしまい、勝負になりません。
5GBを超えると速度は最大1Mbpsと落ちます。
楽天エリア内に入ると、再び高速回線になります。
楽天モバイルを契約するなら、生活圏が楽天エリア内にあるか、通話し放題を使いこなすのかのどちらかが必須です。
ご存じ楽天市場でのショッピングにおいても、ポイント還元率が1%プラス還元となります。
数少ないながらもリアルにショップがあるのもメリットといえるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
au docomo Softbank 携帯・格安sim(格安スマホ) 楽天モバイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お得に賢く生きる生活の知恵集
タイトルとURLをコピーしました