楽天Pay(ペイ)の使い方

シェアする

楽天から楽天ペイというものがリリースしました。

いわゆる電子マネーなのですが、他の電子マネーにはない強さがあります。

それはお財布ケータイに対応してないスマホでも使えるという事です!

全国のiPhone、zenfonユーザーはもちろん、海外のスマホを愛用している方にはお待たせしました!

単にアプリを入れるだけで使えます!

iOS 8.0以上、Android 4.3以上の搭載機種ならばOKです!

今まで電子マネーを使えなかったあなたもコンビニでスマホをかざす時がきました!
初めて使う時はドキドキで失敗したらどうしようと不安になりますが、当記事を読めば大丈夫!

まず大前提として楽天市場の会員である必要があります。
そこだけは先に登録しといて下さい。
次に前提としてクレジットカードが必要です。

その二つのステップを踏んだら、いってみましょ!

スポンサーリンク

楽天Payの特徴

上にも書いてますが、お財布ケータイじゃなくても使えます。
IDやEdyとはシステムが違うようです。
どちらかというと、クレジットカードに近い感覚です。
後払いシステムというか、登録したカードに請求がいきます。
いわゆる「Payシリーズ」の楽天版です。

楽天pay、オリガミpay、paypayの違いを説明しています。還元率の比較や安全性、危険性など。アプリを使う前に一読下さい。

そして楽天ポイントでも支払えます。
通常ポイントだけじゃなく、期間限定ポイントも使えます!
このへんが楽天Edyより優れているところです。
それならば楽天Edy不要かと問われると、そうではないです。

使える店舗数が全然違います!

まだ始まってまもないので、限られています。
都会ならまだしも、田舎だと行動範囲に一軒もないかもしれません。
管理人も田舎なのでスルーしてました。
何が楽天ペイだよ発音するのが恥ずかしい! 誰が使うか!

だったのですが、状況が変わりました。

ローソンなどのコンビニ使えるようになったんです。
さすがにコンビニなら近所にあります。
そこまで田舎じゃなかった。

ローソンは既に全国展開しており、ファミマは12月4日から使えます。
ミニストップは12月17日から使えます。
ポプラも12月13日から使えます。

これはつまりセブンイレブン以外の主要コンビニで楽天ポイントが貯まるという事です!
更に2019年2月28日までは各コンビニ初めての楽天pay使用で100ポイント貰えるキャンペーンをしています!

コンビニ以外の使える店舗は飲食店から理髪店と幅広いのですが、メジャーな店が少ないです。
ネット店でも使えるので、そこは便利です。
ドラクエ10などのゲーム課金でも使えますし、DMMサイトのdmmポイントも購入できますしね。
dmmのポイントを購入したという履歴が残るだけで、ポイントで何を購入したか履歴が残らないのは困ったものです。
家族などに見られても履歴が無いので何を購入したかなんて説明できません。
ありがとう楽天pay!

こちらの楽天Payが使える店一覧公式ページで確認して下さい

さてこのアップルペイのような何故にアプリを使うかというと、ポイントが貯まりやすいからです。

ローソンで使う場合、ポンタカードを提示して楽天ペイで払うと二重で貯まります。
それならポンタとクレジットカードのコンボで同じじゃない。じゃないんです。

楽天Payのポイントの貯まり方・還元率

楽天ペイは200円払う毎に1ポイント貯まります。
なので、楽天Pay単体での還元率は0.5%ですね。
同時に、楽天Payに登録している楽天カードでは100円毎に1ポイント貯まります。

つまり、200円(税抜き)で3ポイント貰えます。

これが楽天Edyだと、200円でEdy使用1ポイントと、200円でチャージポイント1ポイントの合計2ポイントです。

ローソンで200円の買物をした場合
楽天Pay=3P
楽天Edy=2P
ローソンでポンタカードを提示すれば、ポンタ、楽天Pay払いで二重取りです。

楽天ポイントで払える

楽天Payで決済すると、請求は登録しているクレジットカードにいきます。
ですが、設定で「楽天ポイントで支払う」にしておくと、「期間限定ポイント」を優先してポイントを自動的に使ってくれます。
ポイントが足りない分だけ、クレジットカード払いに自動的になります。
もちろん、ポイント払いしたくないなら全額クレジットカード払いに設定できます。
また、「200ポイント」だけ使って、後はクレジットカード払いなどもできます。
これは期間限定ポイントだけ使いたい人が使うための設定だと思われます。

毎回ポイントで払いたいなら、「次回も同じ設定を使う」にチェック入れておきましょう。

このシステムのおかげで楽天Payを使う価値は飛躍的に上がっています。
街中で期間限定ポイントを優先して楽天ポイントを消化できるのは素晴らしいと言わざる得ません。

楽天ポイントだけではなく、「楽天キャッシュ」も使えます。

楽天ポイントを消化するなら、「楽天でんき」もお勧めです。
こちらも期間限定ポイントを優先して楽天ポイントで電気代を払えます。

結論から書くと楽天でんきは安いです。安いだけじゃなくポイントが貯まる使えるという楽天ユーザーなら乗換えるとメリットが盛りだくさんです。その理由と他社との比較や乗換え方法を書いてます。

街での使い方


画像の3つある青丸から一つを選びます。
店などの方式に合わせてスライドして使いましょう。
一番よく使うバーコード表示がデフォルトで出るように設定されてはいます。

バーコードを提示す

これがデフォです。
アプリを開いたら上の画像になってます。
最初からこのモードなのは有難い!
ローソンやファミマなどでこれを提示して店員に読み取ってもらいましょう。
手にもって提示すると、店員との呼吸と角度が合わずに苦戦するのでカウンターに置きましょう。
これさえ覚えたら、どこでもやっていけます。

QRコードを読み取る


バーコードを提示するのではなく、店員に「楽天ペイでお願いします」といってQRコードを読み込んで払うシステム。
まだ楽天ペイがプロトタイプで利用者に試運転を無償でさせていた時の遺物です。
生まれたての楽天ペイさんはバーコード表示機能がまだありませんでした。
なのでネット上で楽天ペイを説明していながらバーコード表示の説明のないのは古い情報のサイトです。
そことは情報の誤差があるかも知れませんが、2017年8月においては最新情報を上げてます。
これはバーコード読み取り機のない店などで使われています。
店にあるQRコードをスマホで読み込んで、楽天payに料金を入力して店員に確認して貰うという、やや手間な決済方法です。
料金の入力が手入力となるので、その点だけは気をつけましょう。
0を一つ多くしてしまうと泣けます。

セルフ払い


第三の選択肢である「セルフ」
当サイト管理人はこの方法あけ未使用です。
楽天のサイトと公式動画を100回ほど見て把握しました。
どうやら、店で飲み食いしてる間に、楽天ペイのセルフからその店をタップして、会計を済ませるシステムのようです。
追加注文したらどうなるのか未使用なので何とも言えませんが、動画を見る限り、会計せずに帰れます。
飲み食いしてる間に決済が終わってるわけですね。
つまりそれはとても危険な事。
食い逃げと間違えられないとは断言できません。
おめーなに堂々と食い逃げしてんだコレと怒られます。
そこで事情を説明して潔白を証明しても、店の民度によっては「ややこしー真似すんじゃねー! 次から現金でよろしくアル!」などと追加でダメージを負いかねません。
これは浸透するのは甚だ疑問です。
まだ使わないほうがいいと思います。
先に使ったら負けな気がしてなりません。
これを今使うのは情報通気取りのイタい人自慢したい人だと思われます。
まだ、もう少し待ちましょう。

公式の動画はこちらです

楽天Payのセキュリィティー・危険性

クレジットカード決済より段違いに安全です!
「Payシリーズ」の中でも一番安全です!
何しろ、楽天市場に登録しているカード情報で支払うので、楽天Payアプリにクレジットカードを登録する必要がありません。
楽天市場と同じセキュリティーで守られています。
要は楽天市場でクレジットカード決済するのと同じです。
情報戦争な現在、迂闊にクレジットカード決済して情報を抜かれるリスクは街中でもサイト決済でもあります。
それは皆さん肌で感じてはいるけれど、便利だし、まあ大丈夫だろうとクレジットカード払いしてしまいますが、それはとても危険な事。
楽天Payなどの電子マネーで払えるなら、積極的に使っていきましょう。
電子マネーの方がクレジットカードよりは手数料が安いので店長もニッコリです。

楽天Payまとめ

バーコード決済はとても便利です!
ポイントもガンガン貯まりますし!
特にお財布ケータイ機能がないスマホの人には是非とも使ってほしいです!
何より小額でカード出すのかよと思われそうなシーンで電子マネーなら仕方ないなと思わせる事が出来ます!
これは使うべきですね!

楽天Pay 公式ページ

楽天ポイントが余ってる人や、期間限定ポイントの期日が迫ってる人にも便利なシステムです。
ただ、楽天Payを利用する大前提が、楽天市場の会員ですので、楽天市場を利用してない場合は、楽天市場の登録から始めないといけません。
少し面倒かもしれませんが、無料ですし、楽天会員になっていると色々と便利ですしポイントはザクザク貯まりますし、お得です。

スポンサーリンク

シェアする

コメントの入力は終了しました。
トップへ戻る