楽天モバイルRakuten UN-LIMITのメリット・デメリット

2020年4月から楽天モバイルがキャリアとして参入しました。
格安SIMやYモバイルなどと違い、docomo、au、Softbankに続く、第四のキャリアです。
ちゃんとしたという表現が適しているか分かりませんが、携帯電話としてdocomoと同列の存在になりました。
気を付けたいのは、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」というプランがそれに当たりる点です。
他の「組み合わせプラン」や「スーパーホーダイ」の料金プランは依然として格下扱いされる格安SIMのままです。
「組み合わせプラン」や「スーパーホーダイ」の新規契約は既に締め切ってますので、これから契約考えてる人は何の心配もないです。
今、「組み合わせプラン」や「スーパーホーダイ」で契約している人は、格安SIM扱いのままです。
当記事では第四のキャリアに当たる「Rakuten UN-LIMIT」プランについて書いていきます。



スポンサーリンク

Rakuten UN-LIMITの特徴

docomoやau、Softbankとは一線を画すプランで勝負しています。
詳しい説明は下記でしていきますので、ざっと特徴を書いていきます。

月額料金が2980と安い。
通話が無料。
データ使い放題。
楽天ポイントが普通より貯まるしポイントで払える。
キャリアなので、docomoなどと同じように使える。

これらの特徴で、月額2980円。
しかも、キャンペーン中に契約すれば1年間無料です。
これは楽天会員のみが対象です。
まだ楽天会員と違っても、すぐ無料で会員になれますので、ご心配なく!

楽天市場を使う場合、楽天カードがマストアイテムになります。

楽天モバイルは通話が無料

本当に使い放題で無料です。
最初はIP電話か何かかと思いましたが、通常の通話が無料で使い放題です。
ただし、Rakuten LINKというアプリを使用して通話した場合のみです。

Rakuten Linkアプリとは何かをやさしく説明します
Rakuten UN-LIMITを契約すると、必須となるRakuten Linkアプリについて説明しています。 iPhoneでも対応になりましたので、ユーザーが増えるのは間違いなく、LINEに次いで必須のsnsアプリになるポテンシャルを秘めています。

アプリの詳しい説明は上記に譲りますが、このアプリには通話機能があり、それで発信すると無料です。
なのでLine電話のようなイメージがあったのですが、docomoなどと同じちゃんとした電話です。
自分の電話番号がちゃんとあります!
Lineの場合、お互いにLineアプリが必要ですが、Rakuten LINKはアナタがインストールしてるだけで、通話などが出来ます。
このアプリを使わずにスマホにデフォルトで入ってる通話アプリで電話すると30秒20円の料金が発生します。
Rakuten LINKなら、もちろん、家電、携帯電話のどちらにかけても0円です。

国内smsも使い放題

国内SMS、つまりショートメッセージも使い放題です。
これも通話と同様に、Rakuten LINKアプリからの発着信で無料です。
Rakuten LINK同士なら、最大100人までのグループチャットも出来ます。
メッセージはもちろん、写真や動画、ファイルも送受信できます、。
相手がRakuten LINKアプリを入れてない場合は、相手のメッセージアプリが立ち上がりますので、LINEなどと違い、相手も同じアプリをインストールしてもらわなくていいんです。
これは使い勝手がいいです。

楽天モバイルは海外通話も無料

海外での無料の条件は指定66の国と地域に限られます。
国内にいる時と同様に、電話・SMSが無料で使えます。
海外渡航時の着信通話料金はかかりません。
iPhoneでの利用の場合は海外ローミングでは使えません。
Wi-Fi接続中のみ発着信可能となります。
使える国と地域はコチラからどうぞ。

楽天モバイルはデータ使い放題なのか

これは住んでる場所、利用する場所によって大きく変わってきます。
楽天モバイルの回線エリアなら無料です。
それ以外のエリアなら月に5Gまで高速利用でき、以降は低速になります。

二つの回線エリアに注意!
楽天モバイル回線エリアと、通話や通信は出来るけど、実は楽天モバイル回線エリアではない「パートナー回線エリア」の二つが存在します。


首都圏を例にしてみてみましょう。
上図は2020年7月での利用範囲です。
濃い部分が楽天モバイル回線エリアであり、薄いピンクはパートナー回線エリアです。
白い部分はサービスエリア外となります。


順次拡大していくようですが、現状では無料使い放題は首都圏など大型都市近郊に限られています。
別段使い放題じゃなく、月5Gでも十分な人も多いでしょうから、そこは個人の使い方によるでしょう。
いずれにしろ、使い過ぎでの追加料金は発生しません。
段階的料金の上がるシステムではないので、月額料金が変わる事はありません。
パートナー回線で月5GBを超えると、追加料金が発生しませんが、高速通信から低速になってしまいます。

楽天モバイルで使える端末

「Rakuten Mini」という小さい端末が何かと話題になりましたが、他のスマホやiPhoneでも利用できます。
もちろんタブレットでも利用できますので、無料使い放題な楽天回線エリアなら、いろいろと夢が広がります。
対応端末
はここから飛んで調べて下さい。
大前提として、Android7.0 以上、iOSは13.0以上でRakuten LINKアプリが使える端末になります。
iPhoneに関しては対応したばかりで、機種によってはデザリングできないなど100%使い切れない部分もありますので注意しましょう。
新規契約では端末が安く買えるのも楽天モバイルの特徴なので、端末を購入するのもいいでしょう。

楽天ポイントが貯まる・使える

楽天モバイルの支払いでポイントが貰えるだけでなく、楽天市場での買物時に、プラス1倍のポイント付与があります。
楽天モバイル契約者は楽天市場での買物が他の会員より優遇されてます。
その貯まったポイントを楽天モバイルの支払いに回せるという大きなメリットがあります。
なにしろ、楽天市場から貰えるポイントの多くが期間限定ポイントをいって、なかなかに使うシーンが限られるのですが、この期間限定ポイントでも支払えます!
これは楽天ポイント大好き民ならば分かりますが、とても大きなメリットです!

楽天モバイルのデメリット

料金的に最強なので、家族で使いたいところですが、そうは問屋が卸しません。
楽天モバイルUN-LIMITは一つの楽天IDにつき、1契約しか出来ません。
複数台契約が出来ないのです。
家族全員、楽天モバイルにするには子供さんにも嫁さんにも楽天IDを作らなければいけません!
当サイト管理人も、今まで家族分の全てを普通に旧楽天モバイル組み合わせプランで契約していたので、絶望しました。
1台契約して、2台目3台目と契約しようとしても、うまくいかないのでおかしいと思ったら、1台しか契約出来ないというオチでした。
もっと大きい声でアナウンスしてほしい。
自分のは最後にしようと思ってたので、嫁の使ってる電話番号がアンリミットしてしまいました。
なので、これから契約しようとしている大黒柱さんは、そこだけ注意して契約して下さいね。
また、楽天モバイル回線エリアがまだまだ狭いというのもデメリットです。
移動してたら回線エリア外になっており、虎の子の5GBを削っていたというのは想像に難くないです。
そういう点を把握して使えば、最強だと思います。



一年間無料キャンペーン(先着300万人)だけでなく端末購入やRakuten Linkアプリをインストールすれば楽天ポイントが貰えるキャンペーンなど、シェアを増やすのに大盤振る舞いです。
もう一つのデメリットとして、楽天モバイルではメールアドレスが貰えません。
旧プランならば専用のメールアドレスが貰えたのですが、楽天モバイルUN-LIMITでは貰えません。
ここは注意して下さい!

楽天モバイルの一日の上限

楽天回線エリアならばデータ通信無制限を謳ってはいますが、1日あたりの上限はあります。
当サイト管理人も、データ通信無制限ならば、自宅のネット回線を解約できるのではと実験しました。
が、突然データ通信が遮断され、楽天回線のスマホを確認すると、「一日のデータ量を超えました。もう一度接続しますか」という画面になっていました。
公式では発表されてませんが、どうやら一日の上限は10G程度のようです。
基本無制限ではありますが、一日あたりのデータ通信は無制限じゃないようです。
その後は、速度が1~3Mに落ちましたが、次の日には高速通信に戻っていました。
制限を超えるとゲームなどでは厳しいですが、低速でもそこそこの速度が出ますので、サイト閲覧やメール、ライン程度なら問題ないでしょう。
ちなみにパートナーエリアでは月に5GBが設定されており、これを超えると速度が1M程度に落ちます。
それらを含めて、楽天回線エリアでの利用がいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
携帯・格安sim(格安スマホ) 楽天市場
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お得に賢く生きる生活の知恵集
タイトルとURLをコピーしました