楽天モバイルでキャリア決済が可能になりました

シェアする

楽天モバイルが格安simの弱点の一つだったキャリア決済ができるよになりました!
楽天モバイルでのキャリア決済のやり方や設定について説明します。

スポンサーリンク

キャリア決済とは

そもそもキャリア決済が何なのか分からないと、どう便利なのか分からないです。
なので、最初に楽天モバイルにおけるキャリア決済について説明します。
従来では、Google Playストアで購入するアプリや、課金などアプリ内サービスなどは、「クレジットカードまたはデビットカード」、「PayPal」、「Google Play ギフトカード」で支払うものです。
しかし、「キャリア決済」という選択肢を選ぶと、大手三大キャリア(docomo、au、SOFTBANK)のキャリア決済なら、アプリ内での購入・課金の請求が、月々の携帯代と合算して行われます。

これが、楽天モバイルでの可能となったわけですが、やや違う点もあります。
つまり、キャリア決済とは、アプリで何かしら購入したり付加サービスを付ける時の請求を「キャリア決済」という選択肢を選ぶことにより、Google Playストアにクレジットカードの登録や「Google Play ギフトカード」をコンビニ等で購入するという手間を省いた決済方法の事です。
アプリをインストールした時に登録しますかと聞かれていつもスキップしていたアナタもこれでニッコリです。

楽天モバイルのキャリア決済の特徴・違い

大手三大キャリア(docomo、au、SOFTBANK)のキャリア決済なら、アプリ内での購入・課金の請求が、月々の携帯代と合算して行われますが、楽天モバイルのキャリア決済は違います。
合算されずに、購入ごとに楽天モバイルの支払いをしているクレジットカードで決済処理が行われます。
月に一度、合算して請求されるのではなく、毎回クレジットカード払いになる点が違います。
これならクレジットカード払いにしても同じじゃないかとなりそうですが、利点はあります。
まず、クレジットカード情報をGoogle Playストアに提供しなくて済みます。
それと、サイトやアイドルのファンクラブによっては、「キャリア決済」しか対応していないものもあります。
そういうシーンでは助かるでしょう。

楽天モバイルのキャリア決済の使い方

まずは設定です。
楽天モバイルのメンバーズステーションにて利用設定を「有効」にします。
逆に楽天モバイル決済をつかいたくない場合は「無効」にチェックを入れて保存ボタンを押しましょう。

「月額最大利用料」も設定出来ますので、使い過ぎを防止できます。
重課金する人はよくよく考えて設定しましょう。
また、重課金する人はAmazonコインも一考するといいでしょう。

アプリで課金する人なら、アマゾンコインを使うとかなりお得です。5万円の課金を20%offで出来ます。 廃課金さんにとっては必須の、そうでない人でも課金してしまう人なら必見です。

楽天モバイルのキャリア決済が使えない人

楽天モバイルを利用している全ての人が「楽天モバイルキャリア決済」を使えるわけではありません。

通話simの契約をしている人が対象です。
データsim契約では利用できません。
通話Simなので、スーパーホーダイ契約の人も、もちろん対象です。
楽天モバイル の月々の支払い方法をクレジットカードを設定済みの方のみ対象です。
クレジットカード払い以外の方が、たとえ利用設定を「有効」にしたとしても、Google Playストアで楽天モバイル決済の利用はできません。
初期設定では、契約者本人が二十歳以上なら、「有効」で月の限度額100,000円です。
契約者本人ではなく、利用者登録している人が20歳以上なら、初期設定が「無効」で、月の限度額20,000円です。
契約者本人ではなく、利用者登録している人が19歳以下なら、初期設定が「無効」で、月の限度額10,000円です。
スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る