楽天、ヤフー、アマゾン、を分かりやすく比較してみました

シェアする

ネット通販ではどこがお得となるのかシンプルに簡潔に比較していきます。
それぞれのタイミングでキャンペーンなど行ってその時によりお得度は変わりますが、
そゆいうキャンペーンに目を光らせてない基本的なとこで比較していきます。
つまりいちいちキャンペーンをチェックしない人向けの比較となります。

比較するネットショッピングモールは以下の三つです。

黒船「アマゾン」
巨大モールの雄「楽天市場」
凄まじい勢いで盛り返してきた「ヤフー」

2018年現在では、この三竦みをたいていの人は候補に上がると思われます。

それではざっと比較していきます。

徹底比較ではなくざっとシンプルに要点だけ。

徹底比較となるとどこも複雑なキャンペーンやシステムでどうすればお得かが見えなくなります。

それぞれの詳しいメリット・デメリットは下記にて詳しく書いています。

楽天ポイント徹底攻略
ヤフー(Tポイント)徹底攻略
アマゾンポイント徹底攻略
今回の記事の目次

スポンサーリンク

楽天ポイント

楽天カードがあれば、町中でも楽天市場内でも非常に貯まりやすい。
楽天市場でのポイント還元率5%以上に普通に出来ます。
町中での払いや毎月の引き落としを楽天カードでのキャッシュ払いでも貯まる。
単体及び楽天カードに付帯している楽天ポイントカードで町中でもポイントが使える。
その際に期間限定ポイントが優先的に使用される。
お財布ケータイじゃなくても使える楽天PAYというアプリを使えば、街中で電子マネーのように使えて楽天ポイントがカード払いや楽天EDYよりも貯まり、楽天ポイントで支払う設定にもできます。

しかも期間限定ポイントが優先的に使用される。
これで期間限定ポイントを消化できるので非常に使い勝手がいいです。

単体及び楽天カードに付帯している楽天ポイントカードで町中でも楽天ポイント加盟店でポイントが貯まる。
楽天ポイント(期間限定ポイント不可)をEdyにチャージして町中でポイント消化が可能。
楽天ポイント(期間限定ポイント不可)をモバイルEdyにチャージしてアマゾンで買い物が出来る。

楽天ポイントの詳しい記事は下記になります。

楽天をお得に活用する肝は楽天ポイントです すなわち主役は楽天市場ではなく楽天ポイントです このポイントをお得に貯めてお得...

また、楽天はお得なキャンペーンが随時行われています。
あまりに多くて複雑怪奇となっており、楽天ヘビーユーザーでも見過ごしなど当たり前です。
1クリックするだけなど、キャンペーン参加条件が緩くて効果の高いキャンペーンを随時更新してます。
そちらの記事もどうぞ。

楽天の数あるキャンペーンの中でもエントリーするだけでいいものなど簡単お得なのを抜粋してリストアップしています。 楽天スーパーセールなどの情報もキャッチしたら随時更新していきます! 楽天にはこれは外せないというキャンペーンも数多くありますので要チェックです!

楽天ペイの使い方、使いどころ

楽天payの使い方、注意点、ポイントの貯まり方などを詳しく、よく分かるようにこちらに書いてます。

楽天からリリースされた「お財布ケータイ」じゃなくてもスマホやiphoneで使える電子マネーのアプリです。楽天会員なら限定ポイントの消化にとても活躍してくれますし、クレジットカード払いよりもザクザクとポイントが貯まります。

支払いにバーコード表示が導入された2017年8月時点での最新版の情報です。
古いサイトの情報ではQRとセルフの支払い方法しか書かれてませんので注意して下さい。

永年無料の楽天カード入会はこちら


通常が5000pの進呈ですので、それ以上の時はキャンペーン中です。
その時に入会するとお得です。

楽天まとめ

ヤフーやAmazonと比較してポイントの貯まりも使い勝手も圧勝です。
ポイントを貯めるのが好きなら迷わず楽天でしょう。
期間限定ポイントという使い勝手の悪いポイントも楽天なら街中で消化できるのが大きいです。

ヤフー(Tポイント)

「Yahoo! JAPANカード」があれば町中やヤフーショッピングでは楽天よりも貯まりやすい。最大30%以上の還元率!
何しろTポイントですので、街中での対象店が圧倒的に多いです。
つまりポイントを貯めるチャンスが多いんです。
獲得ポイントの上限が楽天より低いが、ポイントは貯まり易い。高額使用じゃないならこちらが有利。
町中での払いや毎月の引き落としを「Yahoo! JAPANカード」でのキャッシュ払いでも貯まる
「Yahoo! JAPANカード」に付帯しているTポイントで町中のTポイント加盟店で消化できるが、期間限定ポイントは使えない。

期間限定Tポイントというより期間限定ヤフー内ポイントです。
この期間限定ポイントはヤフーショッピングを頻繁にする人を除いて非常に使い勝手が悪いです。
期間限定ポイントは街中では使えません。
ヤフーショッピング関係でしか消化できないという貯めやすく消化しにくいという中性脂肪のような存在です。

町中のTポイント加盟店でポイントが貯まる
町中のTポイント加盟店でポイントで支払い可能(期間限定ポイント不可)
期間限定ポイントは楽天のものより短期間で消失する傾向にある。(たいてい二週間の寿命)
ロハコモールやヤフオクでも使用可能。その際は期間限定ポイントも使用可能



通常は7000p~8000pの進呈ですので、それ以上の時はキャンペーン中です。
その時に入会するとお得です。
詳しいTポイント記事は下記となります。

ヤフーショッピングではTポイントが貯まります使えます 普通に買うより効率的なお得なTポイントの活用方法を書いていきます ...
携帯がSOFTBANKかワイモバイルならば、かなりの特典があります!
SOFTBANKかワイモバイルのユーザーなら楽天でもAmazonでもなくYahoo!ですね!
詳しくは上記の記事に書いてます。

アマゾン(Amazonポイント)

アマゾンカードがあれば町中では楽天やヤフーと同じく還元率1%で貯まる
カード無しではネットショッピングなどでは非常に貯まりにくい。アマゾンでの購入でもポイント加算される商品は限られており、ほぼ貯まらない
アマゾンカードでアマゾンで購入してもポイント還元率は1%~最大2,5%しかない
アマゾンでのポイントは楽天やヤフーにコールド負けのレベルです
ポイントの有効期限は1年ですが、アマゾンで買い物する度に期限更新されるので無期限でもあります。

アマゾンポイントについての詳しい記事はこちらです

楽天ポイントやヤフーのTポイントは有名ですがアマゾンにもポイントが存在します。 その名もアマゾンポイント。 管理人はけっ...

価格比較

楽天、ヤフー、共に同じショップが入ってる事が多いため、ほぼ同額です。
そこにキャンペーンやショップ限定のポイント付与ではややヤフーがリード。
ですがキャンペーンの組み合わせで楽天が逆転します。
キャンペーン関係なく純粋に値段だけでみると、甲乙つけ難いです。

これはヤフーが楽天を猛追すべく出店手数料を安めに設定で打ち出している為、ポイント等を加味するとヤフーに軍配が上がります。
ただし、そのポイントが短命な期間限定が大半を締めます。

対してアマゾン。

一見して拮抗してるように見えますしポイントが不利な分、負けな気もしますがさにあらず。

ここで消耗生活品の中でもお勧めの歯磨き粉で比較して見てみましょう。

楽天市場の場合


安い順に見てみました(2018年8月7日)
一見安そうですが送料が高いので、話になりません。
送料込みで安い順に見てみましょう。


送料無料で1324円です。(2018年8月7日現在)
送料と商品の合計金額での最安値が上記の1324円でした。

Yahoo!ショッピングの場合

楽天市場と同様に安い順に並べてみました。
こちらも送料が高く、オールパスです。

では送料込みの最安値でどうか。

楽天と同額の1324円が最安値です。
近所のドラッグストアよりも安いので、これがこれで十分にお得ではあります。
楽天市場とYahoo!ショッピングは甲乙つけ難い結果です。

Amazonの場合


900円です(2018年8月7日)
Amazon圧勝。
Amazonプライム会員なら圧勝でしょう。
一般ユーザーなら、ここに送料の400円が乗ってきます。
すると1300円です。
一般ユーザーなら、この三竦みはどこも同じぐらいという結果です。

アマゾンは2000円以上の買い物で送料無料で買えます。

またAmazon.co.jpが発送する書籍及びAmazonギフト券については全商品配送料無料です!

アマゾンプライム会員になれば2000円以下でも配送料無料になります。

楽天やヤフーでも送料無料はたくさんありますが、同商品で送料別となっているショップよりは高い。
さすがに書籍は送料無料ですが、そのカテゴリ以外だと、送料を加味した場合に、アマゾンが一番安いシーンが多いです。
アマゾンの弱点は2000円以上のお買い物で送料が無料なところです。
2000円以下の買物だってたくさんしますし。
とはいえAmazonにはプライム会員になって料金に関係なく送料無料にするのが最強と言えるでしょう。

Amazonプライム会員のメリット・デメリットを書いています。ほぼメリットしかないです。どんなメリットがあるのか特典があるのか分かりやすく書いてますので、プライム会員になるかどうかの参考にどうぞ。
月々一ヶ月では325円(税込み)で入れるAmazonプライムは送料だけじゃなく映画や電子ブック、音楽まで無料で聞いたりダウンロードできる超コスパなシステムです。
これを活用するならAmazonが圧倒的一位です。
特にキャンペーンやポイントに疎い人はAmazonプライムに入ってAmazonで買物するのを強く推奨します。
楽天やヤフーはキャンペーンなどのシステムを上手く活用して、ようやくAmazonプライムに迫るものなので、キャンペーンだの面倒な人はAmazonですね!

いやいやポイント貯めるの好きだしキャンペーンだって活用しますと言う方は一概にAmazonとは言い切れません。
楽天とヤフーには買い回りシステムというものがあり、色んなショップで買うとポイント還元率が数倍数十倍になります。
キャンペーンなどを複数絡め、瞬間的にならAmazonを超えます。

アマゾンにはそういうものはありませんがタイムセールという一撃必殺のものがあります。
自分の欲しい物が対象になったら歓喜できるぐらいに意味が分からないレベルで値引かれたりします。あんまり値引かれなかったりもします。
Amazonプライムなら先行してタイムセールに参加できるので、ほぼプライム会員にいいのをもっていかれます。
また年に一度だけAmazonのお祭りがありますが、それもプライム会員を対象にしたものであって、Amazonするならプライム会員が当たり前になってきています。

Amazon PrimeDay(アマゾンプライムデー)の開催日、攻略法、やっておきたい事前準備などを書いてます。

まとめ

商品によってばらつきがありますので、購入前にどこがお得か比較するのが確実ですが、
ポイントを気にしない人にはアマゾンが圧倒的に有利です。

期間限定ポイントの絡みがありますので、ヤフーでポイントを貯めるなら二週間に一度は何かしらネット購入する人が向いてます。
対して楽天市場は、ポイントの上限設定が高い傾向にあるので、高額商品ドンと購入して付与された期間限定ポイントをすぐには使わない人は楽天市場がお勧めです。
個人的には期間限定ポイントの寿命が長く、街中でも期間限定ポイントを消化できる楽天市場がお勧めです。
ポイントの付与システム上、ヤフーでも楽天でもネット購入時はポイントを使うより全額クレジットカード払いにした方が付与されるポイントは大きいです。
なので、期間限定ポイントを街中で消費しやすい楽天が好きです。
そして楽天の通常ポイントをモバイルEdyに移して、アマゾンでEdy決済するのがお得な気分になれるのでお勧めです。

街中でのショッピングでは楽天カード単体より楽天edyを使用した方がポイント還元率が高くできるので、edyを推奨します!edyは街中でけっこう使えますし、実はネットショッピングでもアマゾンで使用できます。つまりアマゾンで買い物しても楽天ポイントが貰えるんです!

もしくは楽天モバイルの支払いを楽天ポイントにしてしまうかですね。

楽天モバイルの請求をポイント払いにした場合、期間限定ポイントから消化して、足りないポイント分はクレジットカード払いにできるので無駄が無いです。

どのショップを使うにしても、そのショップが発行しているクレジットカードを使うのがベストです。
支払いをショップ発行のクレジットカードにしたら何も考えずにポイント貯まりますし。

楽天カードのメリット・デメリットについて詳しく説明しています。また、楽天ポイントがザクザク貯まる方法、チャージできる電子マネーなど。
アマゾンカードは得なのか分かりやすく解説 Amazon アマゾンポイントを貯める為の必須カード。 アマゾンを頻繁に...

個人的な結論として、ポイントやキャンペーンが面倒ならAmazonカードでAmazon利用ですね。
ポイントやキャンペーンを活用するなら楽天カードマンです。

スポンサーリンク

シェアする

コメントの入力は終了しました。
トップへ戻る