万代(マンダイ)のポイントや使える電子マネー

スーパー万代(マンダイ)は長らく、いつもニコニコ現金払いを貫いてきたショウワーなスーパーでしたが、ようやく変わり始めました。
ポイントや電子マネーを導入してくれました!
嬉しい! 
後はサンディーが変わってくれるのを待つばかりです!
それでは、マンダイのポイントがどんなものかを説明していきます。

スポンサーリンク

スーパーマンダイのポイントカード

マンダイのポイントサービスを受けるには、上の画像のマンダイのポイントカードが必要です。
よくあるポイントカードですが、ペラペラの紙ではなくカッチリとしたプラチックのカードです。
さすが、カード発行手数料として100円取るだけあって、ちゃんとしたものです。
んん、そうなんです!
マンダイのポイントカードは発行手数料が100円かかるのです!
これを知った時は、誰が作るものかと申し込み用紙にドラえもんを描きそうになりましたが、説明を聞いてみると、あらかじめ100ポイントが付与されるとの事で、実質無料となっていました。
それならば良し、と当サイト管理人も100円硬貨を生贄に捧げてポイントカードを作ってみました。
ここで気をつけるべきポイントが、一度マンダイにて買物をして、その時にレジでマンダイポイントカードを提示してスキャンした時に、ボーナスの100ポイントが付与されるという点です。
なので、二回目の買物にて、あらかじめ付与されている100ポイントが使えるというカラクリです。
ここを把握せずに初回の買物から100ポイント使おうとすると、レジにて揉めますので注意しましょう。

マンダイのポイントのシステム

カードをGETしたら、マンダイでの買物のレジにて、ポイントカードを提示しましょう。
200円で1ポイントですので、0.5%還元です。
しぶい・・・。
まぁ基本安いし、今まで何もなかったのと比べれば無いよりはマシですけど。
あらかじめ付与される100ポイントが無かったら、ポイントカードの発行手数料を取り戻すのに、20000円の買物が必要なとこでした!
また、現状ではポイント〇倍デーなども無く、コツコツと貯めていくしかありません。
1ポイント1円として使えますし、1ポイントから使えるので、まだ使い勝手はいい方です。
これが500ポイント貯めないと使えないというシステムだったら10万円の買物が必要なとこでした。
貯めたポイントは決済時にレジの人にポイントを使う旨を伝えればOKです。
ポイントの利用は小銭分だけでも使えますし、貯めたポイントを全部消化する事も可能です。
今、どれだけ貯まっているかは、レシートに記載されていますので、買物の度に確認しておきましょう。

マンダイポイントの有効期限

基本的に12か月が有効期限となっています。
月単位で管理されますので、1月1日の買物でも、1月20日の買物でも1月の買物として一括りにされます。
2020年の1月のポイントは2021年の1月末に失効します。
失効する前に使ってしまいましょう。

マンダイで使える電子マネー

マンダイで電子マネーが使えると聞いて小躍りしました。
クレジットカードは2020年10月現在では利用不可のままですが、電子マネーは使えるようです。
が、使える電子マネーは「mandai pay」のみでした。
わかりやすく表記すると、「マンダイ・ペイ」
そうです、ポイントカードに電子マネーの機能も載っているんです。
がっかり。。
もしかしたら、お得な電子マネーかもしれないので調べてみました!

mandai pay(マンダイPay)とは

100円で購入したマンダイポイントカードに付いてる機能です。
チャージ式の電子マネーとなっています。
クレジットカードチャージが出来るのなら、まだ良かったのですが、当たり前のように現金チャージのみです。
店内に設置している専用のチャージ機に1000円単位で現金でのチャージとなります。

レジでのチャージは不可です。
マンダイのレジにそのような機能は無いものと推測されます。

決済時にレジにて「マンダイ・ペイで払います」と宣言して、ポイントカードを提示すれば利用できます。
もしチャージしていた金額では足りなくても、残高を現金で支払えますので、チャージ残高を気にせず安心して利用できます。
残高がいくら残っているか確認するのは、店内にある専用のチャージ機に通すか、レシートを確認すれば分かります。

1回あたりのチャージ額上限は49,000円です。
1枚のカードのチャージ残高上限は100,000円なのですが、有効期限があるので、注意して下さい。
チャージした残高の有効期限は、最後にマンダイ・Payを利用した時から5年間です。
マンダイ・Payの利用とは、チャージやレジでの支払いを指しますので、頻繁に使っているなら、実質、有効期限はないようなものです。

mandai pay(マンダイPay)はお得なのか

この電子マネーはチャージした金額に合わせてポイントが上乗せされるでもなく、決済した際にポイントが発生するわけでもないです。
つまり、何の得もありません。
ただ、レジにて決済が楽というだけです(特にレジの人が
小銭を増やしたくない人や、さっとレジを終了させたい人にはいいでしょう。
ただ、セキュリティー面では、安全です。
ポイントカードを落としたり盗まれたりしても、チャージ分が使われるだけで済みます。
クレジットカードや銀行登録が無いので、当たり前ですが、最先端の電子マネーと違ってアナログなシステムなので、情報が盗まれるという事は無いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スーパー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お得に賢く生きる生活の知恵集
タイトルとURLをコピーしました