イズミヤのポイントを分かりやすく説明します

シェアする

スーパーイズミヤのには「ヒナタス」というポイントカードがあります。
これを利用して貯まるのはイズミヤ独自のポイントではなく、「Sポイント」になります。
このシステムは少しややこしいので分かりやすく説明していきます。
イズミヤでもポイントの二重取りが可能なので、うまく狙っていきましょう。

スポンサーリンク

イズミヤのポイントカード「ヒナタス」とは

イズミヤでポイントを貯める基本カードとなります。
このカードがポイントの二重取りの起点となります。
発行には200円が必要ですが、無料で作れるキャンペーン日もよくありますので、広告などで確認して狙っていきましょう。


上図のようなチラシが入ってる時を狙います

「ヒナタスカード」にはポイントカード機能の他に、「litta(リッタ)」という電子マネーの機能も付いています。
この電子マネーについては後述します。
イズミタでヒナタスカードを提示すると200円(税抜)毎に1ポイント貰えます。
ですので還元率は0.5%です。
先にも書きましたが貰えるのは「sポイント」になります。
貯まるだけじゃなく、もちろん使えます。
1ポイント1円として、1ポイントから使えます。
ヒナタスカードはイズミヤだけじゃなく、主に阪急グループのスーパーや百貨店などで利用できます。
一例を上げると、阪急百貨店や阪神百貨店、阪急オアシスや関西スーパー、カナート、そして意外にもセブンイレブンでも利用できます。
イズミヤ独自のポイントカードではなく、Tポイントやdポイントと同じ感じです。
ヒタナスカードが使える店で利用すると貯まるのは「sポイント」なのも同じです。

電子マネーlitta(リッタ)とは

ヒナタスカードに付帯している電子マネーになります。
ヒナタスカードがあれば誰でも利用できます。
チャージ式先払いの電子マネーですので、利用するにはチャージが必須です。
litta(リッタ)で支払うと、200円(税抜)毎に1ポイント貰えます。
ヒナタスカード提示の分と合わせると、200円(税抜)毎に2ポイント貰えますので、還元率は1%になります。
普通に現金で支払うよりはお得です。

litta(リッタ)のチャージ方法
イズミヤ・カナート・はやし、阪急オアシスの店舗に設置のチャージ機で現金でチャージします。
よくあるレジでのチャージは不可になっています。
1000円単位のチャージとなっており、一回のチャージ上限は20000円です。
複数回チャージだと、最大50000円分のチャージが可能です。

litta(リッタ)の利用方法は簡単で、レジにてlitta(リッタ)払いと告げ、店員が指し示す場所にある読み取り機にハピタスカードをタッチするだけで決済完了です。
財布から小銭を出すより張るかにスピーディーなので、レジの店員さんも後続のお客さんもニッコリです。
ハピタス提示でのポイントと、litta(リッタ)払いでのポイントの二重取りになり、イズミヤでの買物ならlitta(リッタ)をお勧めしたいところですが、もっとお得な方法もあります。
それを次に書いていきます。

litta(リッタ)チャージはキャンペーンの日を狙いましょう

通常ならチャージしてもポイントは貰えません。
ですが毎月5の付く日だけは「チャージDEおトク」というベタなキャンペーンを開催しています。
5日・15日・25日に1万円以上チャージすると100円余分にチャージされます。
特別キャンペーンで300円余分にチャージされる月もあります。
また、litta(リッタ)初めてチャージする場合は1000円以上のチャージで200円が多めにチャージされます。
つまり、実質入会金が無料となるシステムです。
入会金無料の日にヒナタスカードを作った人ならば2、まるまる200円貰えるという嬉しい初回限定サービスです。

イズミヤでのお得な支払い方法

まずヒナタスカード提示でのポイントGETは変わりません。
これは必須作業です。
次に支払いを現金やlitta(リッタ)ではなく、もっと還元率の高いクレジットカードや電子マネーで支払えば更にお得です。
たいていのクレジットカードは利用できますので、普段あなたが使っているクレジットカードの還元率が1%以上あるならそれでいいでしょう。
還元率がそれ以下ならば、楽天カードなどの還元率が1%のものを1枚作るのをお勧めします。

電子マネーは交通系を中心に、けっこう使えますが、一番いいのは「楽天Edy」です。
楽天Edy自体は還元率が0.5%とlitta(リッタ)同じですが、これを1.5%に上げる簡単な裏技がありますので、ヒナタスカードの還元率をプラスすると2%にまで跳ね上がります。
200円の買物だと、litta(リッタ)ならばヒナタスカードの分も合わせて2ポイントですが、楽天Edyなら4ポイントです。

街中でのショッピングでは楽天カード単体より楽天edyを使用した方がポイント還元率が高くできるので、edyを推奨します!edyは街中でけっこう使えますし、実はネットショッピングでもアマゾンで使用できます。つまりアマゾンで買い物しても楽天ポイントが貰えるんです!

楽天Edyの使い方は上記に譲りますが、楽天カードが必須となります。
楽天カードには楽天Edyが付帯してますので、楽天カードさえあればOKです。
お財布スマホならば楽天EdyアプリでもOKです。
ただ、貯まるポイントがSポイントと楽天ポイントに分散するデメリットがあります。
このデメリットを嫌ったり、カードの枚数を増やしたくない人には、後述する「ソレーナ STACIAスタシアカード」というものがあります。

ソレーナ STACIAスタシアカードとは




ヒナタスもlitta(リッタ)も付帯しているクレジットカードです。
カードを増やしたくないし、ポイントを分散させたくないイズミヤユーザーにはうってつけのカードになっています。
通常かーどであるヒナタスカード提示と違い、ソレーナ STACIAスタシアカードを提示すると200円(税抜)ごとに2ポイント貰えます。
つまり、ソレーナ STACIAスタシアカード提示だけで還元率は1%です!
なのでうが、最終的に貰えるポイントは、通常のヒナタスカードを提示して貰えるポイントと同じです。
200円で1ポイントなのは動きません。
なぜなら、ソレーナ STACIAスタシアカードを提示してのクレジットカード払いやlitta(リッタ)での特典は対象外とされるからです。
イズミヤで使う分には何が得なのか分からない。
というわけではなく、毎月第二土曜日だけはソレーナ STACIAスタシアカード提示で5%割引になります。
これは大きい。
毎月第二土曜日だけはソレーナ STACIAスタシアカード提示を推奨します。
それ以外日はほとんどメリットが無いですし、逆にデメリットが大きいです。

STACIAスタシアカード提示によるデメリット
ソレーナ STACIAスタシアカードを提示すると、他社のクレジットカードや電子マネーが利用不可となり、支払い方法が「現金」「ソレーナ STACIAスタシアカード」「litta(リッタ)」の三択になります。

イズミヤで最もお得な支払い方法

ではまとめます。
ヒナタスカードを提示してSポイントを貰います。
次に決済方法を楽天Edyとします。
楽天Edyチャージでポイント2倍キャンペーンを利用している必要があります。
そのキャンペーンを利用しない場合、楽天Edyじゃなく、還元率1%以上のクレジットカード決済がいいでしょう。
楽天Edy払いで貰える楽天ポイントは、楽天Edyにポイントチャージできますので、無駄なく利用できます。
イズミヤの利用なら電子マネーである楽天Edyが最強です。
その他の電子マネーでもいいのですが、あまりポイント的にお勧め出来ませんが、使えるものを羅列しておきます。

イズミヤで使える電子マネー一覧

QUICPay+
楽天Edy
iD
Kitaca
Suica
manaca
TOICA
ICOCA
PiTaPa
SUGOCA
nimoca
はやかけん
litta(リッタ)

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る