難消化性デキストリンとは? おからパウダーと比較してみました

シェアする

「難消化性デキストリン」が注目され始めました。
先行して注目を浴びた「おからパウダー」とは似て非なるものではありますが、どちらも食物繊維です。
なので妙な薬ではなく安心して口にできます。
当サイト管理人も両方とも試しました!
個人的には痩せるという一点に関しては難消化性デキストリンに軍配が上がります。
それでは「難消化性デキストリン」がどのようなものか、また「おからパウダー」とどう違うのか説明していきます。

スポンサーリンク

難消化性デキストリンとは

トウモロコシなどの天然のデンプンから摂れる食物繊維です。
「難消化性」という単語がパワーワード過ぎて、体に悪いんじゃないかとイメージされやすいですが、そうではないです。
「難消化性」とは、文字通り「消化しにくいデキストリン」でして、これが痩せたい人にぴったりな作用があるわけです。
特保の商品でも主成分として活躍していますので、安心して摂取できます。
食事しても、その食事の栄養を吸収しにくくさせて満腹感も与えるので肥満抑制効果があるものです。

難消化性デキストリンの効果

難消化性デキストリンは多数の作用が報告されていますが、中でも食後血糖値上昇抑制食後中性脂肪上昇抑制作用が注目されています。
血糖値が急激に上昇するとインシュリンが過剰分泌されて肥満や糖尿病などのリスクが高まります。
その血糖値の上昇を抑える効果があります。
食後中性脂肪上昇抑制作用の方は、脂肪の吸収を遅延し、食後の中性脂肪の上昇を抑制してくれたり、胃で膨らんで粘性を上げた上に、胃内に長く留まり偽りの満腹感を与えてくれるというものです。
要は、食事によるネルギーの吸収を急襲して抑えるという、ことばい。ありがたかー!
その他の効果としては、腸内環境を整える作用があり、便通をよくするので便秘気味の人にもお勧めです。
腸内環境を整えると言えば戦う乳製品などでおなじみのヨーグルトなどが有名ですが勝つとは言ってないです。
PA-3のヨーグルトはプリン体に勝てますが、難消化性デキストリンも腸で戦ってるのが体感できます。
また、ミネラルに関しては逆に吸収促進作用があり、Ca(カルシウム)、Mg(マグネシウム)、Fe(鉄)、Zn(亜鉛)の吸収を促進し、血清鉄の値が上昇し、改善がみられるというのが認められています。

難消化性デキストリンを含む商品

難消化性デキストリンの効果を見込んで、特保の健康食品も売れています。
その中でも目をひくのが、「賢者の食卓」と「Wすこやか茶」です。

賢者の食卓です。
脂っこいものや、今日は食べるぞ! という日に持ち歩ける利点がある商品です。
また、他人に見られても、それほど怪しくないというメリットもあります。
難消化性デキストリンが含まれてる粉製品の中では一番メジャーと思います。

お茶タイプの売れ筋は「からだすこやか茶w」です。
お茶なら苦も無く毎日続けられるというメリットがあります。
他のよくにたタイプのお茶よりは若干安め設定なのも嬉しい点となっています。
どちらも難消化性デキストリンの効果を前面に打ち出した人気商品です。


「なかった事に!」という食べてもカロリーを摂取しにくいのを謳ったものまでありますが、こちらは「白インゲン豆エキス」が主成分で「デキストリン」は二番目に多く配合されてます。
お茶なら毎日普通にのみますし、賢者の食卓のように一食につき一袋ふりかける仕様ならどこでも使いやすく、「毎日摂取する」という一番重要なファクターをクリアしやすくしてくれています。
とはいえ、毎日だと経済的に財布がダイエットしてしまうので、「難消化デキストリン」そのものを買った方がお得です。
管理人はそうしています。
では「難消化デキストリン」がどこで買えるのかみていきましょう。

難消化性デキストリンはどこで買えるのか

「おからパウダー」と違い、スーパーやデパート、ドラッグストアでもなかなか見かけません。
ですが楽天市場やアマゾン、ヤフーショッピングで普通に買えます。
TVなどで紹介されてない今なら人気で品薄な「おからパウダー」より買いやすい状況です。

だいたい500グラムで1000円が相場です。
500グラムあれば一か月はもちます。
これなら財布に優しく、続けるという問題もクリアしてくれます。
袋に入れたままだと、使用時に粉が舞って台所が腐海に沈みかねないので、100均などで売ってる容器に入れると不快じゃなく快適に使用できます。

こういうやつです。
携帯もできるので非常に重宝しています。

楽天市場で買うなら、こちらをお勧めします。

2kgで3000円とお得であり、何とラッキシールが付いてます!

楽天市場のラッキーシールとラッキースタンプについて説明しています。注意点や簡単にゲットする裏技なども紹介しています。

こちらを買うなら、一つ注意があります。
上の記事を読めば分かりますが、ラッキシールは5枚もしくは10枚あつめると豪華賞品が当たるのですが、一枚目を開けた途端に時限装置が発動します。
管理人はコレを買ってラッキシール初体験だったのでつい、即効ラッキーシールを発動して時限タイマーを発動してしまいました。
具体的にはラッキシールを登録したら、そこから1年間に5枚か10枚集めないと豪華賞品に応募できません。
なので、5枚もしくは10枚集めてから登録するのが確実な方法です。
同店で500Gのも売ってまして、こちらもラッキシールが付いてますので、2Kg買うよりラッキシールが貯まりやすいです。
などと管理人も思いましたが、500gで1000円ですので、2Kgで3000円の方が絶対にお得です。
ラッキシールを何枚かめくって登録しましたが、1ポイントしか当たってないです。
基本1ポイントだと思った方がいいので、それならラッキシールに踊らされずに2Kgのが絶対に安くつきます。

難消化性デキストリンの使い方

お茶を沸かす時に量に応じて粉を投下します。
水溶性なのですぐに溶けて普通のお茶と変わらなくなります。
お茶は普段から飲むので、これをしてると意識しなくとも毎日摂取できるのでお勧めです。
食事の時も、味噌汁などに溶かすか、おかずやご飯に振りかけても味がほぼ無いので違和感なく食べれます。
特に高カロリーなものを食べる時は、これをしてると罪悪感が薄れる免罪符的な心理的効果もあります。

おからパウダーと難消化性デキストリンの違い

TV放映の影響で「おからパウダー」がどこも品薄で手に入りにくい状況が長く続いています。そんな貴方に読んでほしい記事です。

どちらも食物繊維ですが、知名度と買いやすさがまずは違います。
売れっ子でふれんどりーな名前のおからパウダー様に対して、難消化性デキストリンさんは名前からして悪役な感じかしてか知名度が低いです。
TVで紹介する時に「おからパウダー」だと「おから由来の優しいもの」というイメージがすぐに出来るので紹介しやすいですが「難消化性」というパワーワードと「デキストリン」というインパクトのある名前のどちらもが悪役っぽいくてTVで紹介しにくいです。
故に売切れたりしにくいのでネットでは買いやすいです。
よほど敏腕なTVマンならばうまく紹介するのでしょうけど、今のところ皆無です。
スーパーなどでは「おからパウダー」ブームに乗って色々と出てますので、「おからパウダー」の方が買いやすいです。
難消化性デキストリンはスーパーやドラッグストアで見た事ないです。
成分としては、食物繊維の量は圧倒的にデキストリンです。
お通じが気になる人はデキストリンとなります。
タンパク質や糖質は両者とも低いながら、デキストリンはほぼ0です。
ですが、糖質制限されてる人が最も重要なファクターとする糖質の量はおからパウダーの方が低いです。
とはいえ、両者とも気にするほどの量ではありませんけど。
使い方としても差異はありませんが、「難消化デキストリン」は水溶性だけあって、容易に溶けます。
おからパウダーは混ぜ方が甘いと玉が残ってしまい舌でザラついたりしますが難消化デキストリンはそれがなく、味も微量で甘さがあるかないかです。

難消化デキストリンのデメリット

おからパウダー同様に即効性はありません。
毎日飲んで徐々に体質を変えて効果が現れるものです。
また、痩せるものじゃなく、太らないように、適正体重に近づけるものです。
痩せるにはやはり運動が必要でウォーキングで脂肪を燃やし、筋トレで代謝を上げるのが一番確実に痩せます。
運動と難消化デキストリンの両面から攻めるのが痩せる近道です。
もう一つのデメリットとして、一回の用量を超えて摂取しすぎると下痢になります。
便秘で悩んでいたのが下痢で悩む事になります。
難消化デキストリンは摂取すると腹の中で働いてるのが体感できるぐらいに強力です。
なので、適正な用量が守れず、過剰に摂取してしまうなら下痢になります。
痩せたい一心で過剰に摂取したしまう人は、粉を買わずに賢者の食卓など、適正な用量が入ってるものがいいでしょう。
賢者の食卓なら携帯もしやすいですので、会社のお昼でも使えます。
自分で食す量を自己管理できるなら人は粉の方が経済的です。

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る