コーナンPAY(コーナンペイ)とは。お得な使い方を説明します。

シェアする

2019年4月からコーナンが独自の電子マネーである「コーナンPAY」(コーナンペイ)を開始しました。
これがどんなものなのか、どうお得なのかを説明していきます。
最初に書いておきますが、「コーナンPAY」にはモバイルアプリ版と、財布に入るカード版の2種類があります。
若干、使い方が違うので、その違いも書いていきます。
また、コーナンは売上を上げる為にいろいろと始めまして、楽天ポイントに対応したり、コーナンアプリがリリースされたりしたので、それらも書いていきます。

スポンサーリンク

コーナンPAYの特徴

コーナンPAYは文字通り、コーナンしか使えません。
なので、コーナンを月に一回は行く人でないとうまく使いこなせません。
余程大きな買い物をコーナンでするなら、その一回でもお得になりますけども。
上記にも触れましたが、「コーナンPAY」にはコーナンアプリのモバイルPAYとプラスティックカードの二種類があります。
プラスティックカードの「コーナンPAY」は各コーナンのサービスカウンターで買えます。
買えます。
つまり無料ではありません。
プラスティックカード版の「コーナンPAY」は100円で買えます。
コーナンアプリのモバイルPAYなら無料でGETできます。
プラスティックカード版も無料にした方が利用者が増えると思うのですが、現状100円かかります。
とはいえ、利用者登録を記入すると後日100円チャージされますので、実質無料で使えます。
「コーナンPAY」の利用でポイントなどは貯まりませんが、チャージ時に1%のプレゼントがあります。
肝は、コーナンを頻繁に使うなら、普通に支払いするより確実にお得だということです。
どうお得になるかですが、チャージ時に限りますので、それを詳しく書いていきます。

コーナンPAYのチャージ方法

プラスティックカード版の「コーナンPAY」では、現金チャージのみとなります。
これは店頭にて1000円単位で現金を渡してチャージする方法です。
この方法は49000円までチャージ可能です。
コーナンアプリのモバイルPAYの場合はアプリ内でオンラインチャージが可能です。
こちらの場合はクレジットカード登録が必要で、登録したクレジットカードからの入金となります。
こちらの方法なら100000円までチャージできます。
また、コーナンアプリのモバイルPAYでも店頭での現金チャージは可能ですので、クレジットカード登録したくないけどコーナンアプリのモバイルPAYは使いたいという人も使用できます。

コーナンpayのメリット

コーナンPAYの最大のメリットはチャージ金額の1%がチャージ特典マネーとして『コーナンPay』に付与される事です。
つまり1000円チャージで10円、10000円チャージで100円お得になります。
コーナンアプリの「モバイルカード」版のコーナンPAYなら、クレジットカードチャージで、クレジットカードそのもののポイントも付きますし、モバイル版の方がお得ですね。
どちらのコーナンPAYでも誕生日などにも期間限定マネーが貰えたり、各種キャンペーンが乗ってきます。
財布いらずなので小銭が増えたりしません。1円玉が無駄に増えないです。
これだけという気もしますが、クレジットカードを使うよりもセキュリティーは高いです。
少なくとも損はしませんし、コーナンの常連様は積極的に使っていくべきでしょう。

コーナンPAYの残高

コーナンPAYの残高は「コーナンマネー」といいます。
コーナンマネーには「チャージマネー」「チャージ特典マネー」「期間限定マネー」の三種類があります。
いずれもコーナンPAY利用で使えますが、それぞれ微妙に異なりますので、一つづつ説明していきます。

チャージマネー
普通にチャージした残高です。
最後にチャージした日から三年間の利用期限ですので、三年以内に一回でもチャージしていると永年不滅マネーとなります
チャージ特典マネー
普通にチャージした時に貰える1%の特典の分です。
1000円チャージした場合、1000円が「チャージマネー」で、10円が「チャージ特典マネー」となります。
こちらは貰った日から三年間が利用期限となっています。
期間限定マネー
コーナンPAY登録時や誕生日などキャンペーン等で貰えるものです。
こちらは短命で、貰った日からわずか60日間で消失します。
コーナンPAYを使用すると、「期間限定マネー」が最初に使われ、「チャージ特典マネー」「チャージマネー」の順番というように、利用期限が短いものから優先して消化してくれます。

チャージの残高はレシートやコーナンンアプリで確認できます。
店頭でもコーナンPAYを提示すれば教えてくれます。

コーナンPAYの使い方

レジにて「コーナンPAYで払います」と言えばOKです。
1円単位から使えますので、全額をコーナンPAYで払うのもより、端数だけ払うのにも利用できます。
なので、コーナンPAYの残高が400円で、買いたい商品が500円の場合は、コーナンPAYの400円をを使い切って、足りない100円だけを現金で払うという、残高を使い切る方法もあります。
ギフト券や商品券、クレジットとの併用も可能なので、足りない分を現金で払う以外の手段も使えるようになっています。
コーナンPAYで支払いできないと体はメタボ、腕は職人! 名探偵コーナンは名乗れません。
すいません名探偵コーナンを使いたかっただけで良い枕言葉が思いつきませんでした。体はメタボのところは他にいいフレーズを考えて下さいね。
余談ですが、名探偵コナンのフレーズにある体は子供、頭脳は大人の件ですが、頭脳は大人というのは違うと思います。
世の中の大人と言われる世代でも、あんな推理力はないです。

コーナンPAYで買えないもの

商品券・リサイクル料金・その他金券・切手・葉書・印紙・書籍などコーナンが定めるものは利用できません。
商品券なんて買えたら、1%特典の無限ループが可能になってしまいますからね。仕方ないです。




楽天ポイントカードにも対応しました

楽天をお得に活用する肝は楽天ポイントです。 すなわち主役は楽天市場ではなく楽天ポイントです。 そして重要なのが期間限定ポイントの使い...

コーナンPAYで得するだけじゃなく、楽天ポイントカードでもお得にコーナンできるようになりました!
200円につき楽天ポイントが1ポイント貰えます。
楽天ポイントは簡単にザクザク貯まるので、使わないと損です。
貯まった楽天ポイントは1ポイント1円としてコーナンの支払いにも使えます。
楽天ポイントカードはコーナンでも無料でコーナン版楽天ポイントカードが貰えます。

モバイル版のコーナンPAYに登録するクレジットカードを楽天クレジットカードにすると、かなりお得なものになります。
1000円チャージで10円のコーナンのチャージ特典マネーと、10Pの楽天ポイントが貰え、その1000円で買物したとして、楽天ポイントカードを提示すると更に5Pの楽天ポイントが貰えますので、1000円あたりの買物で25円得します。
10000円なら250円も得する計算です。
「楽天ポイントカード」と「楽天クレジットカード」はどちらも楽天カードと呼ばれてややこしいですが、別物です。
もっとも、「楽天クレジットカード」には「楽天ポイントカード」の機能もありますので、「楽天クレジットカード」があれば二枚持ってるのと同じですけどね。

右上にマークがあるように、クレジットカード機能だけではなく、「楽天ポイントカード」機能と「楽天EDY」の機能も搭載されてますので、一枚で三つの使い方が可能という優れものです。
楽天ポイントはコーナンだけじゃなくコンビニやドラッグストアなど、色んな店で使えますし、楽天市場での買物でも使える上に、他のポイントより非常に貯まりやすいので、お勧めです。

入会費も年会費も無料ですので、まだ持ってないならキャンペーンもあるし、今のうちに一枚持っておくのを推奨します。
コーナンPAYと同様に損はしませんし、プラスしかないです。

楽天ポイントのお得な使い方

楽天をお得に活用する肝は楽天ポイントです。 すなわち主役は楽天市場ではなく楽天ポイントです。 そして重要なのが期間限定ポイントの使い...

コーナンマネーはコーナンで使うしかないですが、楽天ポイントは様々な使い方があります。
その中でもお勧めなのが、楽天カードの支払いを楽天ポイントで支払うというものです。
50ポイントから好きなだけ支払えますので、貯まったものを無駄なく使いきれます。

結論から書くと楽天でんきは楽天会員はもちろん、そうでない人でも国内最安値クラスで安いです。安いだけじゃなく楽天ポイントが貯まり、期間限定楽天ポイントでも支払い可能という楽天ユーザーなら乗換えるとメリットが盛りだくさんです。その理由と他社との比較や乗換え方法を書いてます。

楽天でんきに乗換えるのもお勧めです。
電力自由化となり、ネットで申込するだけで現在使っている電力会社に連絡なども不要で何もしなくても切り替わります。
この「楽天でんき」の支払いにも楽天ポイントが使えます。
楽天でんきを利用しても、ざくざくと楽天ポイントが貯まるので、この方法が一番お得と言えます。
また、楽天でんきは日本でも最安値ですので乗換えて損はないです。

コーナンにもネットショップがあります

コーナンはリアル店舗だけではなく、ネットショップもあります。

コーナンの商品は数多くありますから、そこでどんなものかあるのか調べてから店に足を運ぶのもいいでしょう。
店舗によっては無い商品もコーナンeショップ 楽天市場店では取り扱ってたりします。
ネットショップのいいところは、家まで送ってくれることなんです。
コーナンでは大きい買物、持って帰るのに一苦労しそうなものはネットショップで買うのがお勧めです。
軽トラを借りなくてもいいわけです!
とはいえ、ネットショップだと「コーナンPAY」で払えないというデメリットもあります。
光あるところ必ず影ありで、何事もいい事ばかりとはいきませんね。

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る