au PAYとは? メリット・デメリットやお得な使い方を説明します。

シェアする

2019年4月15日からau PAY(auペイ)がスタートします。
これはpaypayや楽天Payのau版という認識で構いません。
では使い方や、メリット・デメリット、auユーザーとそうでない人ではどう違うかなどを説明していきます。

スポンサーリンク

au PAY(auペイ)とは

お財布ケータイじゃんくても、iPhoneでも使えるモバイル型電子マネーです。
かなり古いものでなければ、スマホやiPhoneなら、機種問わす使えます。
詳しくいうと、Androidなら4.0以上、iOSなら 8.0以上のiPhone4S以降で使えます。
au WALLETアプリの拡張機能のようなもので、au WALLETを使って決済するシステムです。
つまり、au PAY(auペイ)を使うにはau WALLETへの登録が必要であり、au WALLET プリペイドカードが無いと使えません。

au PAY(auペイ)auユーザーしか使えない?

現状、auユーザーだけのサービスとなっています。
これを使うためにauに乗換えるという手段もありますが、そこまでする価値はないです。
かなりお得に使いこなすためには単なるauユーザーではなく、au スマートパスプレミアム会員というものになっていないと最大の恩恵は受けられません。



au PAY(auペイ)の街中での使い方

スマホのau WALLETアプリを起動して、「コード支払い」をタップします。


画像はau WALLET公式HPから引用

するとバーコードとQRコードが画面に出ますので、レジの店員さんに見せてピっと読み取ってもらいます。


画像はau WALLET公式HPから引用

これだけです。
さすれば、au WALLETの残高から支払いが行われます。
つまり、au WALLETの残高が無いと支払えません。
2019年4月現在では、クレジットカード払いは無く、au WALLETの残高のみの対応となっています。

au PAY(auペイ)は何が得なのか

支払いに対して、au WALLET ポイントが貯まります。

通常は200円(税込)毎に1Pです。
つまり還元率0.5%です。
これがau スマートパスプレミアム会員ならいつでも200円(税込)毎に3Pポイント貯まります。
つまり、1.5%還元です。
ここにau WALLETのチャージでクレジットカードを使うと、そのクレジットカードで買物したとみなされ、各々のクレジットカードに各々のポイントが発生します。
これにより、還元率の底上げが測れます。

ここまでなら、同じ還元率のpaypayを使っていても同様に貯まります。
au PAY(auペイ)は始まったばかりなので、色んなキャンペーンがあります。
au WALLET ポイントをau WALLET 残⾼(au WALLET プリペイドカード)へチャージすると、通常0.5%のところ、10%増量したポイントというキャンペーンを前面の出しています。
10%増量ですからね、実質5%還元です。
他にも三太郎の日(3.13.23日)にau PAY(auペイ)で買物すると、最大20%還元というのもあります。
これも、よく読むとau スマートパスプレミアム会員だけが20%還元で、他の平会員は5%還元です。
au PAY(auペイ)をお得に使うなら、au スマートパスプレミアム会員である事が条件とみました。
非会員さんもそれなりの特典はありますが、paypayや楽天payを使ってる方がお得です。



au PAY(auペイ)で貯まるのはau WALLET ポイントです

au WALLET ポイントはau WALLETに1ポイント1円として、au WALLETに電子マネーとしてチャージし、au PAY(auペイ)で使えるというシステムです。
公式HPで度々出てくるau WALLET残高とは、au WALLETに貯まってる電子マネーの事です。

シンプルに言うと、au WALLETは財布で、そこからau PAY(auペイ)で支払いします。
au WALLETという財布が空になると支払えないので、au WALLET ポイントを1ポイント1円として入れたり、クレジットカードなどでチャージして財布の中の電子マネーを増やし、それを使って街中で支払う作業をau PAY(auペイ)と言います。

au WALLET ポイントの他の使い道として、毎月のau携帯料金を払えたり、auのコンテンツでポイント払いできたりします。
一番使い勝手がいいのは、au WALLETに充当して、au WALLET残高にチャージですね。そうすればau PAY(auペイ)にて街中で消化できます。

au PAY(auペイ)が使える店

これから増えていきますが、au PAY(auペイ)開始段階で決まっているのは以下の店舗です。

画像はau WALLET公式HPから引用
4月下旬以降にも参入予定の店舗として、
クスリのアオキ
和民
鳥メロ
ミライザカ
てもみん
グローバル治療院
スシロー
うどんのはなまる
ジャパンタクシー
などが予定されています。

au PAY(auペイ)は他の電子マネーと比較して得なのか

基本性能は他の電子マネーや同型のQRコード読取り型であるpaypayや楽天payやオリガミペイと大差ありません。
auユーザーであり、且つ、au スマートパスプレミアム会員である場合には得になります。
そうでないなら、paypayや楽天payやオリガミペイにてキャンペーンなど絡めたりしながらの利用の方がいいでしょう。
特に楽天市場を利用しているなら、楽天payでしょう。

楽天からリリースされた「お財布ケータイ」じゃなくてもスマホやiphoneで使える電子マネーのアプリです。楽天会員なら限定ポイントの消化にとても活躍してくれますし、クレジットカード払いよりもザクザクとポイントが貯まります。

楽天PAYだと、期間限定楽天ポイントも消化できるので、使い勝手が非常に良いです。

三太郎の日も使いこなしているauのヘビーユーザーならau PAY(auペイ)を上手く使えるこなせるでしょう。
当サイトにまで調べにきている人なら、自分に合った電子マネーをうまく選択して使えると思います。
頑張って!

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る