7Pay(セブンペイ)とは? nanacoとの違いは?

シェアする

セブンイレブンが2019年7月1日から運用するQR決済が始まります。
セブンイレブンだから7月まで待っての開始なのかもしれませんが、既に多数のQR決済アプリが乱立する中、7月まで待機させたのは時期を失している気がしないでもありません。
それを巻き返すには、よほどのキャンペーンとお得なシステムじゃないと厳しいので、そのへんは期待できるかもしれません。
詳細がいつくるのか不明ですが、入り次第、このページでどんどん追記していきます。

スポンサーリンク

7Pay(セブンペイ)とは?

セブンイレブンが展開するQR決済アプリです。
セブンイレブンアプリの中の機能の一つとして導入されます。
いわゆる、お財布ケータイじゃなくても使える電子マネーで、先行している「楽天Pay」や「Paypay」「AmazonPay」と同じタイプです。
使い方も同じで、レジにてスマホに表示されたバーコードを店員に見せてスキャンしてもらうだけです。

画像はセブンイレブン公式サイトからの引用

7Payの危険性

登録時にSMS認証がないままスタートしてしまい、不正利用が横行しました。
SMS認証とは、スマホの電話番号で、各スマホに紐付けするもので、これをすると、紐付けしたスマホでしかログイン出来なくなるので、たとえパスワードを奪われても、紐付けしたあなたのスマホでしかログイン出来ないので、安全性は飛躍的に高まります。
これがない決済サービスは使わない方がいいでしょう。
7ペイもこれを導入するまでは使いたくないですね。
ふぁみぺいはSMS認証があるので、現象ではそちらを推奨します。

ファミPay(ファミペイ)のメリット・デメリットや安全性・危険性などを説明しています。貯まるポイントと使い方などなど、ですが、結論を書くと、なかなか優秀なQRコード決済アプリです。

7Pay(セブンペイ)の還元率

7Pay(セブンペイ)を使うメリットの一つであり、ここがどうお得なのかで広まるかどうかが決まります。
基本的には、nanacoポイントが1%還元となっています。

内訳として、基本ポイントが200円(税抜)ごとに1ポイントで0.5%還元
そこに「セブンマイル」が200円(税抜)ごとに1マイル=1nanacoポイント貯まり、0.5%還元。
これで1%還元です。

開始から2019年10月31日まではキャンペーンがありますので、そこにキャンペーン分が上乗せされます。

ちなみに「セブンマイル」とは、セブンイレブンのポイント事で、セブンイレブンアプリのバーコードをレジにて提示して貯めるものです。
1マイルを1nanacoポイントとして、50ポイントから等価交換ができます。

7Pay(セブンペイ)のスタートキャンペーン

スタートキャンペーンとして、200円(税抜)ごとに1nanacoポイントが上乗せされます。
通常時の還元率が1%なので、キャンペーンと合わせて1.5%還元です。
これだけだと弱いので何かしらテコ入れはしてくるでしょう。
キャンペーン中でも1.5%還元なら楽天Edyと同じかそれ以下で、2桁還元が当たり前となっている激戦区のPayシリーズ世界で生きていきません。

nanacoと7payの関係

7payの誕生により、nanacoが弱体化しました。
2019年7月から、現行の100円(税抜)で1ポイント還元から、200円(税抜)で1ポイント、つまり0.5%還元になりました。
0.5%還元なら楽天カードやヤフーカード等の1%還元のクレジットカードで払った方がいいレベルです。
そこに「セブンマイル」という、セブンイレブンのポイントが
とはいえ、nanacoチャージでいくばくかのポイントが貯まるので、そこで二重取りしている人ならまだ生きていけるのでしょうけども。
nanacoの最大の魅力は税金などの支払いもセブンイレブンならnanacoで払えるというものなので、泣く泣く使いはしますが、その目的以外に使う気がしません。
10月31日までのキャンペーン中なら、7Payにて1.5%を使う方がいいでしょう。
以降はどちらもセブンマイルを足して1%還元です。
どちらがいいかと問われると、数字だけなら同点ですが、実際に使うとなるとnanacoでしょう。
その理由を7Payデメリットの項目で詳しく書きますので、納得してもらえると思います。

7Payのデメリット

とてもポイントが貯まりません。
セブンマイルと足して1%です。
セブンマイルを貯めるには、セブンイレブンアプリを立ち上げて、バーコード表示が必要です。
その作業をした上で、7Payのバーコードを表示させてようやく1%還元。
あなたのスマホがテキパキと動くのなら間に合いますが、もっさり重いデブスマホだと後列及び店員の「早く!」という無言のプレッシャーに耐えれるのか。
この問題はセブンイレブンアプリに紐づけnanacoモバイルと同じように、モバイルnanacoで決済すると自動的にセブンマイルも貯まるシステムを採用してくると思いますので、杞憂に終わるでしょう。
もしそうでないなら、とても使えません。
次に200円(税抜)で1ポイントというのがかなりのデメリットです。
ジュース1本だけではノーカウントという事です。
199円以下の商品では1ポイントたりとも上げませんというスタンスです。
199円以下の安い客は参加資格がないというアプリです。
199円以下の買物が多い人(当サイト管理人含む)は、せめて100円(税抜)ごとに1ポイント貯まるクレジットカードや、月の合算から1%還元な楽天カードの方がいいでしょう。

7Pay(セブンペイ)のチャージ方法

セブンイレブン内でチャージできます。
セブン銀行ATMやレジでチャージできます。
他にも、クレジットカードなどでチャージできるようですが、対応しているカードや、チャージによるポイントが発生するかなどは、まだ不明です。

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る