nanacoのチャージ金額の10%を現金還元する方法

シェアする

nanacoという電子マネーに超絶お得な活用方法があります。
この方法を使えばnanacoにチャージした金額の10%が現金で還元されます。
いつものなんちゃらポイントではなく、現金です。
これの為だけにnanacoを所持する価値があります。

スポンサーリンク

nanacoチャージ金額の10%の為に必要なもの

まず当然ですがnanacoです。
これはお財布ケータイでもカードタイプでも構いません。
次に楽天銀行のJCBデビッドカードです。
この二つを用意したら、虎視眈々とその時を待ちましょう。

10%現金還元の手順

不定期開催ですが、楽天銀行で10%現金還元キャンペーンが開催されます。
ほぼ25日前後~月末までの開催です。
この数日間に、楽天銀行デビッドカードを使用すると、支払った金額の10%を現金還元するキャンペーンを利用します。

だいたい三か月に一度の開催周期です。
毎月25日くらいからは楽天銀行にログインしてキャンペーンをチェックしましょう。

パソコンからだと上の赤丸をクリックすれば有益なキャンペーンが出ます。
他のキャンペーン一覧だと表示されない時もありますので、上記の場所から確認するのを推奨します。
アカウントにより開催時期が違うような気がするので、毎月自分のアカウントで確かめましょう。

キャンペーン一覧にこれがあればおめでとうございます開催月です。
さっそくエントリーしましょう!

楽天銀行10%現金還元キャンペーン

キャンペーンの内容を読めば分かりますが、楽天銀行デビッドカード利用金額に対して適用されます。
そこにつけ込むわけです。
無駄に高額商品を買う必要ありません。
nanacoにチャージして、後からゆるりと使えばいいんです!
それほどnanacoを使わないならば、nanacoポイントをAmazonポイントに変えてしまうという手段もあります。
nanacoからのAmazonポイント変換だと、更にAmazonポイントが上乗せされます。
例えば、nanacoの50000円をAmazonポイントに変換すると、プライム会員なら更に1000円の追加効果発動で51000円分のAmazonポイントになります。
Amazonの一般会員だとしても、750円の追加効果で50750円分のAmazonポイントになります。

詳しくは下記の記事でどうぞ。

知らないと発生しにくいAmazonポイントについて詳しく説明しています。ポイント発生条件やお得なポイントチャージ方法など、Amazonをよく利用するなら一読を推奨します!
このキャンペーンの凄いところは、「初回のみ」とか「抽選で100名様!」などではなく、もれなく全員です。
つまり毎回エントリーして毎回還元されます。

以前は還元金額の上限が1万円でしたが、直近のキャンペーンでは5000円になってました。
なので、5万円のチャージでOKです。
nanacoの設定を楽天銀行デビッドカードからのチャージにしておきましょう。
初めてのクレジットカード登録だと、チャージできるようになるまで数日かかったりします。

楽天銀行デビッドカードとは

楽天銀行が発行している、クレジットカードのようなものです。
クレジットカードと違って、楽天銀行の口座に入ってる金額しか利用できません。
クレジットカードのように上限まで使い放題というわけにはいきません。
楽天銀行に入金されてる金額が上限です。
なので、クレジットカードに比べて計画的な運営ができます。
使い方はクレジットカードと同じです。
その性格上、楽天銀行に口座がある人しか楽天銀行デビッドカードを入手できません。
まずは楽天銀行に口座を作りましょう。



口座開設にあたり、キャッシュカードの種類が選べます。
そこでキャッシュカードでもなく、楽天銀行カードでもなく、楽天銀行デビッドカードを選択しましょう。

ブランドはJCBを選んで下さい。
JCBデビッドカードでしかキャンペーンの対象になっていません

余談ですが、普通のキャッシュカードだと経年劣化しても使い続けますが、デビッドカードだとクレジットカードと同じで数年毎に新しいカードが送られてきますので、そういう面でもお勧めです。
楽天銀行デビッドカードの詳細な記事は下記をどうぞ

楽天銀行デビッドカードと説明とメリット・デメリットを書いてます。結果から説明すると、楽天クレジットカードと楽天銀行デビッドカードの二枚持ちが最良です!

nanacoは5万円までしかチャージ出来ない

一枚につき、チャージできるMAXが5万円です。
一回のチャージは30000円がMAXです。
なので、空のnanacoに二回チャージしましょう。
nanacoに残金がわずかばかり残ってるなら、下記の記事で解決できますので、なるべく使い切っておきましょう。

nanacoや楽天Edyなどのチャージ式電子マネーの中途半端な残金を使い切る方法を書いてます。コンビニかAmazonポイントにするかの二択です。特にnanacoは納税時にしか使わないという人が抱える残金消化問題をまるっと解決します。

楽天銀行の特徴

楽天銀行の奇々怪々システムであるハッピープログラムを使いこなせば、振込手数料もコンビニATMも数回無料なのですが、そうでなけらば、何かと手数料を取ろうとするスタンスです。
キャンペーン迎撃口座のみに使うなら、3万円以上の現金入金なら無料だし、メイン口座から5万円振込むという手段もあります。
そこそこ使うならノーリスクで無料回数を底上げする方法がありますので、それを参考にして下さい。

楽天銀行のハッピープログラムにて誰でも簡単にVIPにできる方法を紹介しています。これをしていればATMの無料回数も振込み無料の回数もMAXまで引き上げれる裏技です。楽天銀行に給料振込み等が出来ない人に活用してほしい。これさえ知っていれば楽天銀行を快適に使えます。

楽天Edyが対応不可になりました

以前は楽天Edyでも同じ事が出来たのですが、今では楽天銀行デビッドカードでのチャージが出来なくなっています。
当サイト管理人のメイン決済がEdyなだけにとても残念です。

楽天銀行デビットカードに関して

楽天銀行デビッドカードと説明とメリット・デメリットを書いてます。結果から説明すると、楽天クレジットカードと楽天銀行デビッドカードの二枚持ちが最良です!

※2018年6月1日より「楽天銀行デビットカード」のクレジットカード情報新規登録を終了致しました。
※クレジットカード情報に「楽天銀行デビットカード」を登録している場合でも、Edyへのチャージはご利用いただけません。
※「楽天銀行口座」からのチャージは引き続きご利用いただけます。

(楽天Edy公式サイトより引用)

ですが、この技は使えなくとも楽天Edyはとてもお得な電子マネーです。
普通に使えば楽天カードの還元率と同じか、1ポイント取り損ねるわけですが、それを補ってもお得な方法がまだまだあります。
さすがに10%現金還元の破壊力には届きませんが、他の電子マネーやクレジットカードを使うよりは断然お得です。

街中でのショッピングでは楽天カード単体より楽天edyを使用した方がポイント還元率が高くできるので、edyを推奨します!edyは街中でけっこう使えますし、実はネットショッピングでもアマゾンで使用できます。つまりアマゾンで買い物しても楽天ポイントが貰えるんです!

詳しくは上記で説明してますので、よかったら合わせてどうぞ。

既に楽天銀行カードを持っている人

所持しているのがキャッシュカードなら普通に楽天銀行デビッドカードに変更してもらえます。
楽天カードと一体型の楽天銀行カードを持っていたとしても大丈夫です。
現在利用中のカードを解約せず申込可能です。
取引画面にログイン後、「カード・ATM」画面から申し込めます!
楽天カードを一体型楽天銀行カードへの切替は「楽天e-NAVI」から手続き可能です



楽天銀行は上のバナーからどうぞ。
タイミングが合えば口座開設で1000ポイントGETキャンペーンが表示されます。

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る