新タイプの手帳型のスマホケース

シェアする

iPhoneやアンドロイドスマホの手帳型ケースに新しいタイプが出ています。

従来の手帳型ならば画面を閉じるように収納するのですが、新型のスマホケースはいろいろと個性的になっています。

スポンサーリンク

背面手帳型スマホケース

まずは画面を晒して背中を方向にに閉じるタイプを紹介します。
前面を閉じる蓋が後ろに回り、背面が二重に折りたたまれるわけです。

この商品の詳細は下のリンクからどうぞ

手帳型の弱点である通話のしにくさを解消して背面ケースのような使い心地なのにカード収納という機能性はそのままです。
このタイプならば通知ランプの見落としもなく、いちいち開けて操作する事もありません。
せっかく手帳型スマホケースを購入したのに、常に開けて置いてるなら一考する価値のあるタイプです。
このタイプは通話中もカード等が露出せず中に収納されたままなので、話に夢中に、特に怒りゲージがたまって興奮したまま通話してしまい、指先でカードを弄って落としてしまい、更に怒りゲージが二段目まで溜まるのを防ぎます。

更に進化したタイプになると横ではなく縦に開きます。

どちらが使い勝手がいいかは人によって違うでしょうが、縦タイプはあまり見ません。
人と違うセンスと斜め上じゃなく縦に思考がいく人ならば使いこなせるでしょう。

背面手帳型スマホケースは構造上、四隅に磁石が配置されているので、通常の手帳型のようにカードの真上に磁石がきてカードの磁気を狂わせるのを緩和しています。
ですが、やはり磁力の干渉は避けられないので、安心して使いたいなら磁石ののないタイプをお勧めします。

これならチャック式ですので安心です。
手帳型なのにスマホリングまで使える優れものです。

などなどとても使い勝手がいいです!

スマホリングが使いたいなら下記の方がいいでしょう

スマホリングが入らない時は取り外しもできるタイプです。

従来の手帳型よりもメリットが前面の画面の如く目立ちますが、デメリットもあります。
手帳型スマホケースの最大のメリットである全方位防御ではなくなります。
しかも一番大事な液晶部分です。
背面ケースやバンパー型と同じ弱点を有してしまいます。
ガラスフィルムなどで防御力を上げるか、スマホリングに常に指をからめて落とさないように心がけましょう!

posted with カエレバ

背面クリア型手帳ケース

背面のデザインはどのスマホもかっこよく仕上がっています。
iPhoneフリークの中でも特に熱心なiPhone原理主義者、略して愛ポンの人達にとって、背中の林檎は勤め先の看板より大事なものです。
これを隠してしまう手帳型など最初から選択肢にありません。
たとえ手帳型が便利でいいなぁと思っていても、便利さより林檎を取るでしょう。
そんなあなたにうってつけのケースがあります!

それが背面クリア型手帳ケースです!

上の商品は色によってはリングケースまで付くお得なものですが、リングケースはネコ型やディズニー型なども出てますので、無理におまけ付きを選ばなくてもよいでしょう。

このタイプは手帳型なのに薄型を謡い、たいていがマグネット無使用なので磁気不良の心配もない事です。
手帳型スマホケースの一番の泣き所であるマグネットが無く、磁気不良がないというだけでも有力な選択肢に入ってきます。
しかも薄型が多いので、蓋をしたまま通話できるものも多いです。
これも手帳型スマホケースの弱点を克服したかなりのアドバンテージとなっています。

更に一歩進んだものになると、磁石無し、そのまま通話は当たり前。
隠れてしまう液晶部分に窓を設けて、閉じたまま通知などが確認できるものまで出ています。

上の商品がそうですが、全面防御な上にガラスフィルムまでついて800円ほどです。
これにオシャレなスマホリングを付ければ完璧です。

スマホケースいろいろ出てますが、タイプや素材によってメリット、デメリットがあります。

スマホを買ったらスマホケースを装着して使うのが日本人です。 戦国時代から武士にとって大事な刀は鞘に収めてきました。 それと同じで...

それらの詳しい説明は上記の記事にまとめていますので、合わせてどうぞ。

スポンサーリンク

シェアする