【CosmoSiaアプリ】Gmailなどで相手の名前を表示させる方法

シェアする

格安Sim(スマホ)とドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアの一番の違いはメールにあります。
キャリアメールが使えない。

それはGmailやヤフーメール、Hotmailまどで代替がきくので、それほど困りはしまいでしょう。

今はUQやワイモバイルでもキャリアメール扱いのもあります。

mineoの「@mineo.jp」や楽天モバイルの「@gol.com」、OCNモバイルONEの「@■■■.ocn.ne.jp」、BIGLOBE SIMの「@■■■.biglobe.ne.jp」、NifMoの「@nifty.com」などがありますが、UQ mobile「@uqmobile.jp」とワイモバイル「@ymobile.ne.jp」以外のメールアドレスはすべて、現時点ではGmailなどと同じPCメール扱いとなっています。
先にここから触れておきます。

キャリアメールとGmailなどのpcメールの違いは信頼度にあります。
具体的に言いますと、ドコモやauなどに送信した場合、pcメールは迷惑メールだとして、相手に届かなかったりします。
ドコモを使っている人にメール設定を弄って受信許可をして貰えばいいだけなのですが、いかんせん今の時代でも3大キャリアを使ってる人は、そういう事に疎い人が多いです。

「よくわかんね。俺(私)ってば機械音痴だから。テヘ」

こういう対応が多いです。
悪魔的な存在にメール設定しなきゃ死ぬぞ宣告されればやるはずなのですが、面倒なのかしてくれません。
100mを10秒で走れなきゃ死ぬというなら、走りだけにどんなに足掻いても死ぬしかない人が大多数ですが、設定はできる助かる人ばかりのなのに困ったものです。

この問題が一つ

そしてもう一つの問題が、Gmailアプリなどでメールを開いても誰からのメールか瞬時に分からない。

送信者の名前ではなく、アドレスが表示されてるだけなので、一見して分からない。

これが3大キャリアなら名前で出るんです。
「送信者:モンキー・D・ルフィ」
「件名:仲間募集中!」
「本文:最近は絵も内容ゴチャゴチャしてて読みにくいです。初期のシンプルな話がいいです」
こんな感じになります。

これがGmailや他のメールアプリだと
「送信者:sarudmugiwara@gmail.com」
「件名:仲間募集中!」
「本文:最近は絵も内容ゴチャゴチャしてて読みにくいです。初期のシンプルな話がいいです」
こんな感じになります。

これを解消してGmailなどでもキャリアメールみたく送信者をアドレスではなく名前に変更して表示させましょう!

これは長らく試行錯誤が繰り返されてきました。
ラベルを使ったりフォルダ分けしたりの苦肉の策が使われてきましたが、新時代が幕開けしました。
簡単に名前表示ができます。
それが可能なアプリが確認できた中では二つだけ存在します!

スポンサーリンク

K-9 MailかCosmoSiaで送信者の名前表示ができる

簡単にできるのはCosmoSiaです。

当記事でCosmoSiaについて説明していきます。
もう一つの選択肢である「k-9メール」については下記も記事からどうぞ

格安Sim(スマホ)とドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアの一番の違いはメールにあります。 キャリアメールが使えない。 ...

メール画面を噴出し表示のLINE風にしたりもできます

こんな感じにできます。


公式サイトから引用

もちろん普通のメール画面でも使えます。
切り替えボタンがあるのでお好きな方をお使い下さい。


公式サイトから引用

テンプレは背景に写真を設定したり、着せ替えで色合いを変更したり、あなた好みのアプリにできます。

切り替えが出来るので、もちろん通常のメール画面でも使えます。
若者ならともかく、30歳以上は通常のメール画面が馴染んでるので使いやすく感じるでしょう。

iPhone版もCosmoSiaリリースされました!
ですが、iPhone版はまだ使い勝手が悪いそうです。
あなたがこの記事を読んだ頃には改良されていれば良いのですが。
Androidならば快適に使えます。

更に多機能なメーラーで送信者の名前を表示させたいならK-9 Mailとなります。
k-9mailの記事は下記になります。

格安Sim(スマホ)とドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアの一番の違いはメールにあります。 キャリアメールが使えない。 ...

k-9はCosmoSiaより設定が上級者に色々嬉しい機能満載なので、逆に初心者は分かり易いCosmoSiaを強くお勧めします!

CosmoSiaで送信者の名前を出す設定

まずグーグルプレイCosmoSiaアプリダウンロードします。
無料です。
2アカウント以上使いたい場合は課金となります。

新アカウントを作る

アプリを起動させると画面に使用できるメール会社一覧になります。

ここで表示されているGmail、ドコモメール、UQモバイルメール、Yahoo、Outlook、Hotmail、SMSならば指先一つで簡単設定できます。

タップするとメールアドレスと、パスワードを打ち込む画面が出てきます。
一言一句間違わずに打ち込めば、サーバー認証画面に入って自動的にやってくれます。
これだけで、今までアドレスだったものが名前表示になってるはずです。

もしなっていない場合は連絡先を見て下さい。
この名前表示のシステムは連絡先と連携して初めてなりたっています。

あるいは、右上の縦三点から設定を弄ってください。

受信・表示設定から上の画面にいき、アドレス帳登録名表示にチェックを入れて下さい。

それでもまだ表示されない場合は端末の設定を弄りましょう。
arrowなどの機種はアプリの権限を設定で行えます。

あまりにアプリが好き勝手にして個人情報を覗いてるようで気持ち悪いので、迂闊に権限を与えない端末が増えてます。
そこにひっかかって連絡帳と連携とれてないと思われます。

送信されてきたアドレスだけのメールを名前表示にするには連絡帳にアクセスする権限が必須です。
送信者を連絡帳に登録してる名前で表示したいならば許可しましょう。

その他のメールで設定する場合

プリインストされてないマイネオや楽天での設定です。
まず、一番下のその他を選びます。

そしてメールアドレスとパスワードを打ち込みます。
ここまでは同じですね。

次にプロトコル設定の画面になりますので、「IMAP」を選択します。

「POP3」は古い使用でプッシュに対応してません。
もし「IMAP」を選択しても完了しない場合に限り「POP3」を使いましょう。
ですが、POP3しか対応してないメールはお勧めできません。

ここまですれば完了です。

このままでは、暗号化されないので、セキュリティをあげ防御を固めるため、さらに設定していきます。
たいして重要なやりとりや秘密なメールしないので、もう面倒な人はここまででもOKです。

セキュリティを上げる

マイネオのメールを例にしてやりますね。
設定からサーバーを選択します。

そこからまずIMAPサーバ設定からいきます。

それぞれ以下のとおりに書きかえます。

IMAPサーバ:   imaps.mineo.jp
保護された接続: SSLを使用する
ポート:     993

次はSMTPサーバ設定です。

それぞれ以下のとおりに書きかえます。

SMTPサーバ:   smtps.mineo.jp
保護された接続: SSLを使用する
ポート:     465

これで「OK」をタップすれば完了です!
確認のため、テストメールを送受信してみましょう!
連絡先にある、もう一つのメールでテストすると、アドレスじゃなく名前表示になってるのか確認できます!

ちなみに連絡先の名前を「バカ上司」とか「ゆとり世代代表」などにしておくと、その名前を相手に送信するので注意して下さい!

これはGmailなどのフリーメールの使用なのです。

連絡先にあだ名はやめましょう!

スポンサーリンク

シェアする