dポイントについて分かりやすくメリットなどを説明します

シェアする

dポイントについて、効率的な貯め方や使い方をまとめてみます

先にざっくりと結論を書いておきます。
下の4行で、当記事を読むかバックするか決めてくださいね

貯め方の基本は街中とドコモとの契約で貯まります。
つまりDocomoユーザーであればどのポイントカードと比較してもお得に貯めれます。
お得というより、ドコモユーザーなら超おすすめです。
逆にドコモユーザーでないのなら、ローソンを頻繁に使わないと他のポイントカードと比較して見劣ります。

スポンサーリンク

街中で貯める

ローソンならば、他のコンビニ、他のポイントカードよりも有利に貯めれるのでお勧めです。
今は攻勢に出ているので、通常100円で1%なのがキャンペーンで3%だったりします。
クレジットカードのdカードならば更にお得で通常ならば1%ですがキャンペーンで4%になる上に、決済時に3%割引きされます。

通常時
dポイントカードのみなら1%還元
dクレジットカードなら、dポイントカード提示で1%とクレジット払いで1%、そして決済時に3%割引き=5%

キャンペーン時
dポイントカードのみなら1%+2%=3%
dクレジットカードなら、dポイントカード提示で1%と+2%、クレジット払いで1%+3%そして決済時に3%割引き=10%

なんと一割引きになります。
残念ながらこのキャンペーンは8月31日までですが、よくにたキャンペーンを頻繁に打ってきます。

今が攻め時ですので、とうぶんの間は他のポイントカードと比べてもおすすめなポイントカードであり続けると思います。

これはマクドナルドでも同じです。

その他の店も急速に増えてます。
だいたい1%~0,5%の還元率です。

その他の加盟店一覧はこちら

ドコモで貯める

Docomoユーザーならめっちゃ貯まります。
まず自動的に貯まるものからいきましょう。
いや自動的には語弊がありました。申請は必要です。
それはつまり知らない知らない人は凄い損してるという事です。
申請しないと付与されないのだから。

更新ありがとうポイント

ずっとドコモ割コース(「カケホーダイプラン」「カケホーダイライトプラン」「シンプルプラン」「データプラン」)を更新するたびにdポイントが3,000ポイント付与されます。
二年縛りですので、二年に一回付与されます。
これは契約端末毎なので、家族の分も申請しましょう。

12歳以下の子供の誕生日にも3000P貰える

ドコモ子育てプログラムに申請していると、12歳になって小学校を卒業するまで貰えます。
毎年、子供の誕生日に、3000ポイント貰えます。

このプログラムは他にもクラウド容量50GB無料やフォトコレクションが13ヶ月無料などもあります。
まあこれは迂闊に利用すると無料期間が過ぎてから困るので注意しましょう。
有料で使い続けるのなら構いませんが、あまりお勧めしません。

ドコモの月額利用料で貯まる

基本的には支払額の1%還元です。

ですが、ポイント対象外になる支払いもあるので、
月に1万円払ってるのに100ポイントじゃなくね?

という事になります。
これは消費税や各種ポイント対象外のオプションなどを引いた額に対して付与されるからです。

何が対象、非対象のこちらの公式でどうぞ

他にもドコモユーザー専用のくじやサービスで貯まります。
中には歩いてポイントを貯めるというユニークなサービスもあります(月額使用料金500円)

12歳以下の子供のいるdコモユーザーの家庭なら、ばんばん貯まるわけです。

dケータイ払いプラスで貯める

メルカリなどをdケータイ払いプラスで決済すると1%の還元です。

dケータイ払いプラスとは、ドコモの簡単ケータイ決済払いをドコモユーザー以外でも使えるようにしたシステムです。

ネットやスマホでの決済で「dケータイ払いプラス」を選択して、任意の4桁の番号を押して楽チンに購入できるシステムです。

ドコモユーザーでないならクレジットカード払いになるのですが、「VISA」または「MasterCard」での登録になります。
それはつまり楽天JCBでナナコアタックしてるカードは使えないという事です。
惜しい非常に惜しいもうちょいで100点だったのに!

使えるネットショップ先は「メルカリ」「無印良品」等、かなりの数のネット店があります。
それらの払いで1%の還元です。
クレジットカードの還元率と合わせれば2%ぐらいには出来ます。

dケータイ払いプラスの加盟店一覧はこちら

dポイントの使い方

ドコモユーザーなら貯まり易いのはいいとして、問題は使い道です。
貯めても使えないと意味が無い。
ここからいくつかポイントの消化先を紹介しますが、やはりドコモユーザーの恩恵は大きいです。

貯める時にキャンペーンなどでブーストすると、通常ポイントとは別に期間限定ポイントが付与される場合が多いです。
期間限定ポイントは文字通り、期間限定で、有効期限がとても短いです。
通常ポイントなら4年あるのに、一ヶ月とか二週間とか様々です。

正式には「期間・用途限定ポイント」といい、用途まで限定してきます。
とても使い勝手の悪いものですので注意して下さい。


引用元:ポイントをご利用いただけるサービスについて

街中で使う

街中で貯めるの対象店で使えます。
街中で貯める記事の対称となる記事です。

1ポイント=1円として使えます。

ありがたい事に期間限定ポイントも消化できます!

街中でポイントの使える店の一覧はこちらです

ポンパレモールで使う

ポンタ、リクルート、dの三種類のポイントが統合されて使えるようになってます。
楽天やアマゾン、ヤフーに続く四番手の大手通販サイトですが、今は名前を売り出し時なので、13%還元キャンペーンなどを頻繁にしています。

通常時でも3%還元は確定しており、ここに各種クレジットカード払いでのポイントが上乗せされます。

【合わせて読みたい】

アマゾン、楽天市場、ヤフーに続く第四の通販サイトとしてポンパレモールがあります。 長らく空気のような存在で意識から外してましたが、...

ドコモのケータイ料金の支払いに使う

ケータイというかスマホの月額料金ですけどね。
毎月の払いに使えるわけです。
残念ながら期間限定ポイントは消化できません。
ここで使えたら、期間内で余裕で使えるのに残念過ぎる。
まま、通常ポイントの使い道も多彩ではないしいいですけど。
もう、このポイント消化だけで十分な気がします。
「ドコモ光」「端末分割金」「コンテンツ利用料」などは対象外となるので注意して下さい。
月額使用料の全額をポイント払いとはいかないのが残念なとこです。

dマーケットで使う

dマーケットとは楽天市場やAmazonみたいなものです。
スマホでプレイできるゲームや音楽、アニメや動画も取り扱ってるのが特徴です。
それぞれ「dゲーム」「dブック」と分かれてますが、断トツ一番人気がdtvです。

dtvは月額500円で膨大な作品群をTVやスマホ、PCなどで見れるのですが、この月額料金をポイント払いにできます。

dマーケットの中でも抜群にお得なコンテンツになっています

一ヶ月無料ですので、それで良くないと思えば解約するとノーダメージです。

他にも多彩なサービスが揃っています

dマーケットの一覧はこちらです

次のスマホ本体の購入代金に使う

通常のdポイントの有効期間は4年です。
4年以内にスマホを買い換えるなら、dポイントを温存しておいて一気に使うのもありです。
昔のドコモポイントの消費はほぼコレでした。
本体だけでなく、アクセサリーなどにも使えます。
リアルショップだと時間がかかるので、オンラインショップがいいでしょう。
特に機種変更はリアル店舗だと事務手数料がかかりますが、オンラインショップではかかりません。

いーや、5年は同じスマホを使うんだという人にはもったいない作戦なのでおすすめしません。

IDのキャッシュバックに交換する

ポイントで交換するというシステムがあり、8000ポイントで5000円のギフトカードだったり、
マイルやポンタのポイントにも交換できます。
その中でも一番良いのがIDかなと。2000ポイント単位で2000円分のIDにキャッシュバックされます。

交換できるものリストはこちらです

まとめ

他にも細かい貯め方、使い方などがありますので、詳しく知りたい方は公式HPにどうぞ

まとめると、やはりドコモユーザーが凄くお得です。
貯めるにしても使うにしてもお得感がハンパない。
しかしキャリアは格安SIMに比べて高いので、これだけの為に乗り換えるなんてもったいない!

などと思ってました。
が、
時代は変わるもので、ドコモでも格安SIMに対抗して競り勝つぐらいに安くなってました。
ただし、家族全員でdocomoに乗り換えが前提ですが。
詳しくは下記の記事にてどうぞ

ドコモでも家族で申し込めば格安simに迫る低価格にできます。その方法とカラクリを分かりやすく説明します。

docomoユーザーじゃなくても使いどころ次第でかなりお得なポイントです。
やはり体力のあるドコモのポイントだけあって、今はイケイケドンドンでキャンペーンを打ってますので、持って損無し!

スポンサーリンク

シェアする