ドコモのシェアパックの上手な使い方を優しく説明します

シェアする

ドコモのパケットシェアについて詳しく書いていきます。
これをうまく利用すれば格安SIM並みの値段で運営できます!
それについては、下記の記事をどうぞ!

ドコモでも家族で申し込めば格安simに迫る低価格にできます。その方法とカラクリを分かりやすく説明します。

その中でも便利になりすぎてユーザーの選択肢が多いパケットシェアグループに特化して解説します。

スポンサーリンク

パケットシェアとは

上の記事にも書いてますが、子回線を280円で運用する為の核です。
親回線が10GBの契約をすれば、子回線は500円出してグループに入れてもらえます。

シンプルプランの980円とSPモードの300円を足し、そこに子回線は500円です。
そこからdokomo Withを適用すると-1500円になりますので、

シンプルプラン=980円
シェアオプション=500円
SPモード=300円
docomo with適用=1500円割引合計=280円

子回線の計算は以上となります。

親回線が下図のプランから、グループの使用GBに合わせて契約します。


ドコモ公式サイトから引用

これだと親回線の人にだけ負担が大きいので、均等割り出来るようになりました!

親回線のある家族だけ1万円で、他のグループの家族は280円なんて不公平過ぎます。
これを均等に割って請求してもらうシステムです!

さすがはドコモ! シェアプランは他でもありますが、こんなのは他にありません!

シェアパック分割請求とは

シェアパックとシェアオプションの合計額をグループの回線数で均等割りした料金で請求できます。

2回線で10GBパックを主回線で契約した場合

主回線は9500円の負担ですが、子回線はシェアオプション代の500円で済みます。
これだと主回線の人がかわいそうです。
なので、10GB分の9500円と、シェアオプションの500円をシャッフルします。

2回線だと5000円、5000円ですね。
そこに個別で基本料金と通話代が乗ってきます。

また世帯別に分けたりもできます。
A家族は3回線なので、これだけ払います、B家族は2回線なのでとかも可能です。

図と式で見ていきましょう!


引用元:ご利用料金についてもっと便利に・もっとおトクに

この図ですと、
A家族は3回線分
Bの長女は1回線分
Cの長男も1回線
をそれぞれ払います。

5GBのシェアパックで全てシンプルプランだとして、式にしてみましょう。

上の図では合計5回線です。

シェアパック5(6500)×1 =6500円
シェアパック(500)×4   =2000円
合計=8500円

ここを均等に割ると、8500÷5=1700円
これが均等割りです。均等割りの計算はここまでです。

父さん母さん家族は3回線なので、1700円×3=5100
長女は1回線なので1700円
長男も1回線なので1700円です

これにそれぞれ、基本プランと通話料が加味されます。

シンプルプラン980円とSPモード300円 =1280円
が乗ってきます。

ここまでで1回線あたり、1700円プラス1280円=2780円

そこにDokomowithを適用すると、1回線あたりマイナス1500円割引きです

なので最終の回答は、1回線あたり、2780円マイナス1500円=1280円です。

上の図であてはめると、

父さん母さん家族は3回線×1280円=3840円
長女は1回線なので1280円
長男も1回線なので1280円

これが別請求でくるのでそれぞれがそれぞれの責任で払います。

めっちゃ安い。
激安と言ってもいいぐらいに。
格安スマホと比較してもドコモの方が安くなる時代がくるなんて白犬さんでも言葉を失ってワンワンしか言えなくなるレベル。

これを適用せずに、親がたくさん払って、
子供はシェアオプションと基本料金の280円のみ請求なども可能です。


シンプルプラン(980)+SPモード(300)+シェアオプション(500)=1780円
1780円にDokomowithのマイナス1500円割引き=280円

※上記の全ての計算は通話料を加味していません!

シェアグループは最大20回線

シェアグループは最大で20回線です。
20人ではなく、20回線。
離れていても、同世帯じゃなくても大丈夫です。
請求も世帯別や個人などに出来ますし、親回線のパケットパック代を均等割りにもできます。
ここらは別記事で詳しく書きます。

ドコモの決めている三親等までグループに可能ですので、グループ拡大で更にお得になりましょう。
法的三親等とドコモ三親等は違いますけどまあ、範囲が広いので大丈夫かと思います。

ドコモ三親等

引用元:ファミリー割引 : ファミリー割引とは | 料金・割引 | NTTドコモ

最低でも5回線は欲しいですね。
ここが格安SIMに迫る分水嶺です。
5回線以上のグループを作れるならかなりお得に使い続けられます。
ちなみにiPhoneでもグループに入れます。(シンプルプラン等は適用外)

U25応援割を入れる

26歳以下の人がグループに加入すると、毎月1GBをサービスで貰えます。
シェアパック5なら6GBになるわけです。
26歳の誕生日を迎えた瞬間に、効力は無くなります。

グループに参加する子供が二人なら2GB、三人なら3GB増えます。

これならばシェアパック5で十分いけるグループも数多くあるでしょう。

ただし、猿のように使いたい盛りの大学生などがグループに参加して大量にデータを消費したら逆にマイナスです。
インスタや動画、音楽と湯水のように使うかもしれません。
そうなると他の人が通信した場合、既に通信規制に引っかかって低速になってます。

契約データ量を超えると、リミットモードに入り、通信速度が低下し、最大128kbpsとなってしまうのです。

メールやLINE程度なら大丈夫ですが、サイト閲覧は流石に体感で分かるぐらいに遅いです。
今のサイトは重いとこが多いのでタイムアップして表示されない場合も多いです。

リミットモードになっても、支払額が増えることはないですが、月が変わるまで遅いままです。
追加でデータ量を買い、速度を戻す事は可能です。
その場合は1GBを1000円で買います。

なので若者の加入は一長一短となります。

さすがはドコモです対策があります。
それが次の項目の、一人ひとりの上限を設定です。
これならば一人が使いまくってグループを蹂躙するのを防げます。

一人ひとりの利用データの上限設定

せっかくグループを作っても、一人が湯水の如くデータを使ってしまうと後のメンバーが困ります。
逆に、今月データ使いすぎたかなと他のメンバーに気を遣うのも嫌なもんです。

そこでこの設定!

この人は、上限を2GB。
この人は無制限でいいなどとグループのメンバーを個人設定できます!


引用先:選べてうれしい。ドコモの料金はじまる!

これがあれば使いすぎ、使われすぎなどの心配はなくなります。
子供の使いすぎ対策にもなります!

余ったらデータは来月に繰り越せる

みんなで節約して余らせたデータは1GB単位で繰越せます。
1GB単位となっています。
なので1,5GB余らせても、繰り越されるのは1GBです。
1,9GB余っても、生き残れるのは1GBです。


ドコモ公式サイトから引用

パケットシェアまとめ

親回線がパケットシェアの希望GBにあったのをを契約し、
子回線は500円でパケットオプションで参加します。

親回線の人は高額に、子回線の人は280円+通話料で契約可能です。

子回線がパケットオプションで参加するには、データシェアパックではなく、パケットシェアパックになります。

グループは5人以上で組めば、格安SIMと比較しても安いと思える額にできます。
家族、親戚、いとこなどに声をかけて人数を増やしましょう。
最大で20回線です。
20人じゃなく20回線ですので注意して下さい!

また、家のネットもドコモ光にするとシェアパックなどのセット割で最大5700円割引きが適用されます。
詳しくは下記のバナーで



これからは家族持ちはドコモ持ちの時代かもしれません。
格安SIMがこのプランにどう対抗してくるか動向を見守っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする