冷蔵庫を買う前に知っておきたいポイント・注意点

シェアする

私事でなんですが、長年連れ添った冷蔵庫が逝きまして、新たに購入しました。
その際に知った事、知っておいた方がいいものを書いていきます。
安い買い物ではないですからね。
24時間ずっと働き続ける、白家電なのにブラック企業も真っ青になるぐらいに酷使される家電です。
家の中で一番働くものですし、よくよく調べてから買いましょう。
この記事を読めば購入してから後悔する心まで冷える冷蔵庫は避けれます!

スポンサーリンク

容量を知る

基本的なものからで申し訳ありませんが、ここは外せません。
家族構成と使用頻度で変わってきます。
一概に容量といっても、冷蔵庫と野菜室、冷凍庫の大きさも重要です。
同じ400Lでも、冷蔵庫で300とって、野菜室や冷凍庫が小さいものもあれば、
冷凍庫に100以上振り分けて、野菜室を廃したものもあります。
ゲームのステータスを振り分けるのと同じですね。

中学生以上大学生未満のお子さんがいるならば冷凍庫の容量が大きいのをお勧めします。
今の冷めた世代の若者に毎日お弁当を作るのは大変な作業です。
ですが昔と違い、冷凍食品さんが大活躍します。
中にはチーンしなくても、弁当箱に積めるだけで昼にはいい感じになる冷凍食品もありますしね。
お弁当だけじゃなく、今の人が冷たい時代にはおいしい冷凍食品が多数あります。
冷凍庫は大きい方がいいと、個人的に思います。
野菜をよく使うベジタリアンの人とか、
冷凍食品なんてとんでもない! 手料理しますよ私は!
とか、その人のスタンスで容量の振り分けを見ていきましょう。

容量の目安

一人暮らし
ならば小さくて安いのでいいでしょう。
200Lもあれば十分です。

夫婦二人
この場合なら料理の頻度で変えましょう。
それほどしない外食が多いなら200L前後で十分です。
料理を頻繁にするなら300に迫るものでもいいでしょう。
飲料が入れ易いものやお洒落なものなどが人気です。
また、二人だと使用量が少なく残りがちなので、真空チルドやプラズマクラスターなどの脱臭・除菌システム搭載した鮮度を保てるのも人気となっています。

夫婦と子供の3人家族~6人家族
ここからは300L~400Lの無双が始まります。
この大きさならたいていいけます。
腐らない程度に使い、2,3日に一度は買い物にいくならば。
買い溜めするなら400以上は欲しいです。
ただ400以上の大きさから値段は10万超えを覚悟しましょう。
400以下ならば10万でお釣りがくるかも知れませんが、400以上では無理ですね。
300~500の大きさが一番需要があります。
激戦区。
多種多様にありますので、家族のスタンスに合わせたものを選びやすいでしょう。

二世代な大家族
500L以上のものと言いたいとこですが、二世代ならば適度な大きさの二台を推奨します。
あまりに大きいと奥の方で未知のバイオ生命体を培養しかねません。
また、二世代だと冷蔵庫のモノを捨てた使ったなど問題も起こって冷蔵庫以上に家庭が寒くなり気味です。
二台用意して、それぞれが管理する方がいろいろといいでしょう。

扉の構造

右開き、左開き、両開き、観音開きなどがあります。
設置する場所によっては右開き、左開きは辛いものがありますが、両開きや観音開きなら問題ないです。
片面開きは適当にはバーンと閉めれるというメリットがあるので、実は一番使い勝手いいんですけどね。
両開きや観音開きは雑に扱うとドアがゆるみやすいです。
設置する場所、あなたの性格などを考慮して決めましょう。
引越しの予感がする場合などは、片面開きでは新居で使い辛くならないように、片面は避けた方がいいでしょう。
値段的には、片面開き>>両開き>>>観音開きな傾向となっています。

節電効果を考える

家電の進歩は凄まじく、節電効果は新しいものが普通にいいです。
10年選手の古いのを無理にぬるく使い続けるより思い切って新型を買った方が2~3年で元がとれるかもしれません。
容量も大きく関係してまして、400L以上の大きいものからは節電効果も大きいです。
これを冷蔵庫社会ではビック3と呼称します(嘘
なので、値段だけで400Lじゃなく350Lの冷蔵庫を選ぶのはダメだす。
これも電気代を考慮すると数年で逆転され、後はもう大きい方を勝ったチームが勝ち続けるターンとなります。
とはいえメーカー公式では350Lと400Lでの年間の差額はどこも約2000円~5000円ですので、10年ぐらいかかりそう。

メーカーの特徴で考える

日立

冷蔵庫のお手本的スタンダードなメーカー。
冷蔵庫を買うなら日立を選べば、まず外さない。
「真空チルド」という、一見するとかまいたち的な技のような名前の機能を打ち出しています。
分かりやすく言うと、チルドルームに入れた魚や肉類などの鮮度を新鮮に保てますよという機能。
野菜に関してもそうで、野菜を無理やり睡眠させて活動を停止させ、入れた状態のままにする「スリープ野菜」というシステムも搭載させています。
冷蔵庫なので腐らせないという本来の目的に特化したメーカーです。

パナソニック

王様。
家電の王様ですので、ここも外しましません。
真空チルドをより加速させて温度をマイナス3度まで下げた「微冷凍パーシャル」という必殺技があります。
鮮度が保たれるのはもちろん、微冷凍なので、解凍せずに肉や刺身をサクサク切れたりなどで料理好きな人に親しまれています。
ただ自分で設定はしないとダメなのと、チルドよりも冷えるので収納する食材を選びます。
消臭に関しても、ナノイーイオンというパナソニック独自の消臭イオンが全室に利きます。
デザイン、知名度、安心感など全てにおいて高いクオリティにあります流石は王様。
そして値段も高い傾向にあります王様ですので。
管理人のような平民では身分が違い過ぎて微冷凍パーシャル効果がふところまで寒くしてしまいます。

シャープ

プラズマクラスターでお馴染みのシャープ。
何にでもプラズマクラスターを搭載させてます冷蔵庫にだって搭載しちゃいます。
メガフリーザーという宇宙でも屈指の強さっぽい名前の冷凍庫が特徴です。
冷凍庫が大きめの設定となっており、お弁当世代のお子さんがいる家庭にお勧め。
各種コスト削減にて値段も安い傾向にあります。大好き。

東芝

「真ん中野菜室」を売りのセンターとして野菜室に一番拘ってるメーカーです。
いろんなシステムで野菜の鮮度を保てるようにしており、ベジータの名をほしいままにしています。
ベジタリアンならば東芝一択です。
ハイスペックなものだとチルドルームをW搭載してるものもあり、真空チルド、パーシャルのようなものを両方使えたりします。
タッチオープンドアシステムも好評で、両手が塞がってる時に肘を当ててドアを開いたり、料理中の汚れた手で触りたくないなどのユーザーの声をうまく吸い取れるメーカーです。
もちろん、そういうシステム搭載機は高価ではあります。

三菱

「氷点下ストッカー」というパナソニックの微冷凍パーシャルと同性能のシステムを保有しています。
知名度では温度差がありますが、どちらもチルドルームをマイナス0~3度付近に保つます。
が、こちらは冷凍寸前の状態を保ちます。微冷凍とはここが違います。
凍らせずに温度だけ下げるという、三菱の最先端技術を使われており状態保持において右にも左にも出るシステムは無いです。
ハイスペック機ではチルドルームW搭載で、普通のチルドと氷点下ストッカーを同時使えたりします。
これによりすぐに食べるなら普通のチルド、長めに保存するのは「氷点下ストッカー」と使えわけできます。
またスマート設計にも秀でており、幅65センチでも500以上の大容量なスマート大容量シリーズも人気です。

その他のメーカー

ハイアールとかアクアとかも魅力的な製品を出してます、
ですが日本製じゃないので除外しました。
嘘か本当か知りませんが、知人が5年で壊れたとか、ネットでも年間の使用電気料金が公式発表の倍かかってるなど安かろう悪かろうな噂が多すぎて手が出ません。
旧サンヨウ電気なので大丈夫という意見もありますし、比較的安いので魅力的ではあるのですが。。

自動製氷は必要か

水道水を入れておけば自動で氷を作成する便利機能が今の冷蔵庫にはほぼついています。
お酒を氷で割るのが好きなロッカーな人ならいい機能なんでしょうけど。
この機能のせいで冷凍庫のスペースが取られるんですよね。
管理人も、冷凍食品を買いすぎて入らず、この機能はもういらないと引きちぎってスペースを広げた結果、記事冒頭に至るわけです。
まさかあそこが心臓だなんて思いもしませんでした尻尾だと思ってました。
そういう経緯でこの記事が生まれたわけです。
故に自動製氷は好きではないというバックボーンで書いてます。
それを加味して読んで下さいね。
頻繁に使わないのなら長期保存された氷衛生的にも良くない気がします。
と思ってググッたら氷は腐らないそうです。
じゃあそれなら明日から氷のような心で冷たく生きていきますそれなら腐らないのなら。
一番腐りやすいのはぬるい状態です何事もぬるい事が多い時代ですし腐った人が多いのも仕方ないですね。

閑話休載

腐らなくても臭いが沁みたりしてよくないです。
自動製氷がなくても氷は作れますしね。
ロックな人でもコンビニの氷とか入れておく方がオシャレでいいです。
今ならネットでも色んなタイプのが売ってますしね。
特にステンレスを凍らせるタイプのは水になって薄くならないのでお勧めです。

冷蔵庫まとめ

購入前に設置スペース、家族構成、どう使いたいか、何に重きを置くかを決めてから、製品を詰めていきましょう。
トータルバランスなら日立とか
野菜なら東芝とか
そこから財布と相談して決めていくわけですが、昔の偉い人が言ってました。
「それを買うのを躊躇する理由が値段だけなら買うべきで、
それを買う理由が安いだけという理由なら買わない方がいい」
誰が言ったんだったかな卑弥呼だったかなユダだたかな昔の話なので忘れてしまいましたが。

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る