楽天PAYの使い方

シェアする

楽天から楽天ペイというものがリリースしました。

いわゆる電子マネーなのですが、他の電子マネーにはない強さがあります。

それはお財布ケータイに対応してないスマホでも使えるという事です!

全国のiPhone、zenfonユーザーはもちろん、海外のスマホを愛用している方にはお待たせしました!

単にアプリを入れるだけで使えます!

iOS 8.0以上、Android 4.3以上の搭載機種ならばOKです!

今まで電子マネーを使えなかったあなたもコンビニでスマホをかざす時がきました!
初めて使う時はドキドキで失敗したらどうしようと不安になりますが、当記事を読めば大丈夫!

まず大前提として楽天市場の会員である必要があります。
そこだけは先に登録しといて下さい。
次に前提としてクレジットカードが必要です。

その二つのステップを踏んだら、いってみましょ!

スポンサーリンク

楽天Payの特徴

上にも書いてますが、お財布ケータイじゃなくても使えます。
IDやEdyとはシステムが違うようです。
どちらかというと、クレジットカードに近い感覚です。
後払いシステムというか、登録したカードに請求がいきます。
このへんが楽天Edyより優れているところです。
それならば楽天Edy不要かと問われると、そうではないです。

使える店舗数が全然違います!

まだ始まってまもないので、限られています。
都会ならまだしも、田舎だと行動範囲に一軒もないかもしれません。
管理人も田舎なのでスルーしてました。
何が楽天ペイだよ発音するのが恥ずかしい! 誰が使うか!

だったのですが、状況が変わりました。

ローソンで使えるようになったんです。
さすがにローソンなら近所にあります。
そこまで田舎じゃなかった。

使える店舗は飲食店から理髪店と幅広いのですが、あまりメジャーな店がないです。
ネット店でも使えるので、そこは便利です。ドラクエ10などのゲーム課金でも使えますし。
早くアマゾン対応になってほしい。

こちらの楽天Payが使える店一覧公式ページで確認して下さい

さてこのアップルペイのようなアプリを使うかというと、ポイントが貯まりやすいからです。

ローソンで使う場合、ポンタカードを提示して楽天ペイで払うと二重で貯まります。
それならポンタとクレジットカードのコンボで同じじゃない。じゃないんです。

ポイントの貯まり方

楽天ペイは200円払う毎に1ポイント貯まり、
同時に楽天カードでは100円毎に1ポイント貯まります。

200円で3ポイント入ってました。

これが楽天Edyだと、200円でEdy使用1ポイントと、200円でチャージポイント1ポイントの合計2ポイントです。

もっとも、楽天ポイントを併用すれば更に上がりますが、ポンタカード出して、楽天ポイントを提示してのコンボは非常に難易度が高いです。
これは生まれつき痛点を持たない人か、修行により解脱した破戒僧クラスのメンタルがないと無理です。

なので楽天ポインターはカード払いではなく楽天ペイなどの電子マネーがお勧めです。

街での使い方

なぜだか3つの使い方が出来ます。
画像の3つある青丸から一つを選びます。
てか最初から一つでいいのに。
もしレジ前でミスタップしたらどうしてくれるのか。
うちのスマホは瞬時に切り替わらないけん、後続に人がいたら現金で払ってしまうZO!

バーコードを提示す

これがデフォです。
アプリを開いたら上の画像になってます。
最初からこのモードなのは有難い!
ローソンなどでこれを提示して店員に丸投げしましょう。
手にもって提示すると、店員との呼吸と角度が合わずに苦戦するのでカウンターに置きましょう。
これさえ覚えたら、どこでもやっていけます。

QRコードを読み取る

バーコードを提示するのではなく、店員に「楽天ペイでお願いします」といってQRコードを読み込んで払うシステム。
まだ楽天ペイがプロトタイプで利用者に試運転を無償でさせていた時の遺物です。
生まれたての楽天ペイさんはバーコード表示機能がまだありませんでした。
メインウェポンがこのQRシステムです。
なのでネット上で楽天ペイを説明していながらバーコード表示の説明のないのは古い情報のサイトです。
そことは情報の誤差があるかも知れませんが、2017年8月においては最新情報を上げてます。

なのでバーコード決済が出来るなら古いシステムはやめておきましょう。
特に初心者は非常に危険です。
パーソナルスペースに侵入した店員の眼前で、見守る中、早くしろやという心の叫びが聞こえる距離で、手振れなくピントを合わし、位置を補正しなくてはいけないシステムです。
最悪の場合、店員に「代わりましょうか」(遅いわ代われ下手糞)などと全治二週間の心の傷を負ってしまいます。

セルフ払い

第三の選択肢である「セルフ」

楽天のサイトと公式動画を100回ほど見て把握しました。
どうやら、店で飲み食いしてる間に、楽天ペイのセルフからその店をタップして、会計を済ませるシステムのようです。
追加注文したらどうなるのか未使用なので何とも言えませんが、動画を見る限り、会計せずに帰れます。
飲み食いしてる間に決済が終わってるわけですね。
つまりそれはとても危険な事。
食い逃げと間違えられないとは断言できません。
おめーなに堂々と食い逃げしてんだコレと怒られます。
そこで事情を説明して潔白を証明しても、店の民度によっては「ややこしー真似すんじゃねー! 次から現金でよろしくアル!」などと追加でダメージを負いかねません。
これは浸透するのは甚だ疑問です。
まだ使わないほうがいいと思います。
先に使ったら負けな気がしてなりません。
これを今使うのは情報通気取りのイタい人自慢したい人だと思われます。
まだ、もう少し待ちましょう。

公式の動画はこちらです

まとめ

バーコード決済はとても便利です!
ポイントもガンガン貯まりますし!
特にお財布ケータイ機能がないスマホの人には是非とも使ってほしいです!
何より小額でカード出すのかよと思われそうなシーンで電子マネーなら仕方ないなと思わせる事が出来ます!
これは使うべきですね!

楽天Pay 公式ページ

スポンサーリンク

シェアする

コメントの入力は終了しました。